♪路上からのメッセージ♪

どーせ捨てきれないなら全部ひっくるめて自分自身ごと楽しんじまえっ!

全体表示

[ リスト ]

『寒いと どうして鳥肌が立つ?』


鳥肌が立つのは体温が低下しないようにするためです。
その方法のひとつとして、毛穴を ふさいで体の熱が逃げるのを防いでいるのです。
鳥肌が立つときに、皮膚を見てみると、ブツブツは毛穴のところに できているのがわかります。
毛穴の下には毛が生えてくる『毛根』という根っこがあります。
その毛根には立毛筋という筋肉があって、寒さを感じると立毛筋が収縮します。
すると、毛穴の まわりの筋肉が盛り上がることによって毛穴が ふさがれます。
それが、鳥肌が立っている状態です


→『温度が低下ないようにするため』

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事