一日一話 〜3rd Edition〜

鉄道、飛行機、競馬、そして日常。なんでも撮ります。2017年4月から高松市に転勤しました。
仕事で外出する機会があり、同僚に連れてきてもらったお店。
うどんは飽きたでしょ、ということでラーメン屋にしてもらった。
イメージ 1
パッと見、ここがラーメン店という感じはしないですねぇ。

讃岐ラーメン「はまんど」。
イメージ 2
調べると、横須賀にも支店があるようだ。

初代讃岐うどん王なる店主が開いたのが、うどん屋ではなくラーメン屋。

ここでは店名を冠した「はまんどラーメン」(780円)をいただく。
イメージ 3
塩味ベースで煮干しの軽く効いた、キリリとしたスープ。
軽く背脂は乗っているが、全体的にサッパリ目なのは讃岐うどんのイメージもあるのだろうか。

イメージ 4
麺は平打ち、チャーシューも通常メニューで3枚と言うボリューム感。
久しぶりのラーメンを美味しくいただくことができた。

家から少し離れてはいるけれど、これはハマってしまいそうだ。。。

全て三豊市「はまんど」にて 2018.6.5

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

世界初の制御式振り子気動車となったJR四国の2000系。
その試作車3両(TSE)が間もなく引退となるという。

さよなら運転の第2弾を自宅近くで手短に撮影。

まずは千年ものがたりから。

回8011D/高松運転所キハ185系3B

高松運転所から出庫。
いかにも試作車という表情。

高徳線の運用を終えて入区するキハ47と離合。
四国に限った話なのかわからないが、入出庫列車はヘッドライトを点灯しないのはおもしろくない。


列車は宇多津経由で岡山へ。
9103D/松山運転所2000系3B <TSE>

本来は風光明媚な愛媛とかで撮っておくべきだったのかもしれないが、
正直去年のように毎週東京だと、とてもではないが無理だった。
まさかこんなに早く引退してしまうとは。

非電化区間で撮りたかったな。。。

全て高松駅周辺にて 2018.6.15

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

栗林公園を歩く。

高松市、栗林公園。
観光資源に本当に乏しいこの高松での数少ない観光地(?)
イメージ 1

公園内には日本庭園が広がる。
何が目的で高松を訪れているのか知らないが、少しながら外国人観光客もいたようだ。

イメージ 2

イメージ 3

なつかしのソフトクリーム屋さん。
イメージ 4

緑が多くて気持ちいい。
ベビーカーでも段差なく歩ける。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

まぁ、新緑と紅葉の時期は気持ちいいのでしょうね。
次はそのくらいの時期にもう一度歩きますか…。

全て高松市・栗林公園にて 2018.5.26

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

美保基地航空祭のお昼休み。
駐車場を出て10分ほど車を走らせる。
イメージ 1
境港さかなセンター。
海の幸で有名な境港の観光名所の一つだ。

イメージ 2
シーズンオフながら、それなりに観光客が訪れている。

今回はこちらで昼食。
イメージ 3

まだお昼のピーク前。空席があってよかった。
イメージ 6

注文したのは王道の海鮮丼(1620円)。
イメージ 4

イメージ 5
境港で撮れた地魚を中心としたメニュー。
具の種類も豊富で美味しくいただくことができた。

全て境港さかなセンターにて 2018.5.27

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゲゲゲの鬼太郎線。

先日の美保基地航空祭にて。
自衛隊の航空祭特有の長すぎる昼休み(3時間)。
せっかくなので、近隣で境線の車両を狙う。

1643K/米子車両区キハ47系4B
境港といえば、水木しげるのふるさと。
時折見かける鬼太郎カラーのキハ47だが、
この日の航空祭臨時ダイヤに伴う増発・増結でむしろ撮りにくくなってしまった。

9674K/米子車両区キハ47系4B
これは残念ながらうしろの2両が色付き。

イメージ 1

1646K/米子車両区キハ47系4B

それにしても境線は、全線非電化なのに撮る場所がほとんどない。
沿線は畑が多いが、ほとんどが耕作放棄地帯で無造作に雑草が生えている。

せっかく魅力的な被写体が多いのに、これじゃあね…。

全て境線 米子空港〜大篠津町にて 2018.5.27

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事