一日一話 〜3rd Edition〜

鉄道、飛行機、競馬、そして日常。なんでも撮ります。2017年4月から高松市に転勤しました。

4/22:春の予讃線。

春の予讃線。
これまであまり撮っていなかった坂出以東で1時間半ほど軽く撮影。
9226D/高松運転所1500形+1200形2B

回9180D/高松運転所1500形2B

最初はサンライズ琴平延長の代走として走る気動車列車。
せっかく回送まで走らせるなら、4連で走らせればいいのにと思うのだけど。

回8282M/大垣車両区285系3000番台7B (I4編成)
そして、琴平から帰ってきた285系。
高松に転勤してからというもの、サンライズを撮る機会が本当に増えた。

122M 快速サンポート南風リレー/高松運転所7100形+7200形3B

3117M マリンライナー17号/高松運転所5000形5B(M5編成)
そして、瀬戸大橋30周年のヘッドマークがついたマリンライナー。
秋までの徒弟とのことなので、記録はお早めに。

1228M/高松運転所7200形2B(R15編成)

1010M いしづち10号/松山運転所8000系3B
この日の10号は残念ながらアンパンマンから一般車への代走。。。

3119M マリンライナー19号/高松運転所5000形5B(M2編成)

カラーリングがブルーの編成を撮って撤収した。

それにしてもネタがない四国。
本当に退屈だ。

全て予讃線 国分〜端岡にて 2018.4.22

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この日は午後から雨が降り出した。
琴平〜滝宮間の往復は500-23のペアが担当。
3040K/ことでんレトロ2両(500-23) (羽床〜滝宮にて)

後追い。こちらの背景のほうが良いなあ。

そして折り返し。再び23号車が先頭。
3031K/ことでんレトロ2両(23-500) (羽床〜栗熊にて)

再び土器川にて。背後には少し霞んでしまったけれど讃岐富士。

最後の高松築港行きは500号車が先頭。
3048K/ことでんレトロ列車4重連(300-120-500-23) (榎井〜羽間にて)

綾川付近で追い抜いてもう1枚。 (滝宮〜綾川)

1年に1度のことでんレトロ4重連。
次回からは2両での運転となる。
今度は列車で訪れて、そして一度は乗ってみよう。

全て201.8.5.6撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

かわって5月6日。
この日は朝からレンタカーで繰り出した。

最初はレトロ2両と、還暦を迎えた1070形2両の併結運用。
3209K/ことでんレトロ2両+1070形2両(23-500-1073-1074) (太田〜仏生山にて)
釣りかけ車と並行ガルダン車の併結運転。
自分にとってはレトロ4重連のほうがありがたいのだが、
地元の人にとってはこちらの方が懐かしいらしい。10年ぶりだとか。

追い抜いて土器川でもう一枚。(羽間〜榎井にて)

折り返し仏生山行きは1074号車が先頭。
3024K/ことでんレトロ2両+1070形2両(1074-1073-500-23) (琴電琴平〜榎井にて)

もう一回は香東川で。(円座〜一宮にて)

仏生山に入庫後、ここからはレトロ列車の4重連運転となる。
高松築港への回送は300号車が先頭。
回送8026K/ことでんレトロ列車4重連(500-23-300-120) (太田〜三条にて)

折り返し琴平行きの一発目は香東川。
回送8026K/ことでんレトロ列車4重連(120-300-23-500) (一宮〜円座にて)

思いのほか早く追い抜いたので、羽床のオーバークロスから。

手前の廃墟と化したビニールシートが何とも…(−−;)

この列車も琴平手前まで追いかけました。(羽間〜榎井にて)

全て2018.5.6撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

このゴールデンウィーク、どこに出かけようかと悩んでいたのだが、
高松から岩国は距離は近けれども時間がかかりすぎてキャンセル。
狙いを毎年GWだけの企画、ことでんのレトロ電車4重連運転へと切り替えた。

午前中は子守をして、昼から香東川橋梁へ。
この春から走り始めたバーバパパ電車。

綾川町ラッピングは落書きにしか見えない。

そして4重連も真横から。
もう少しくっきり晴れて、青空とのコントラストを楽しみたかったのだが。
それでもタイムスリップしたような光景に驚きを覚える。

一度家に帰宅後、返しの列車は高松築港にて。
列車到着の5分前に重役出勤。
3048K/ことでんレトロ列車4重連(300-120-23-500)
先頭がチョコ色というのが一番のお気に入り。

折り返し仏生山行きは後追いにて。
3245K/ことでんレトロ列車4重連(300-120-23-500)
旧字の「佛生山」がそそりますね((笑)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

千歳遠征の帰り。
千歳から高松へどうやったら経済的かつ早く帰れるのか検討した結果、
選んだのは岡山へ向かうエアドゥだった。

だが、この路線は3月の夏スケジュール切り替えで廃止となってしまった。
今回の搭乗時もほぼ満席だっただけに本当に残念。

機内のエアドゥ特製オニオンスープ。美味。

機内食ではないが、久しぶりに空弁を買った、
1000円の「石狩鮨」。


かにとサーモンのちらし寿司。
もう少しボリューム感が欲しかったのは否めないが、やはり美味だった。

函館VORから新潟VORTACを経由して南下する。

ちょうど岡山空港の到着機を出発機が重なり、
一回ホールドしてからILS07アプローチ。

そして今回のフライトログ。

この時間の岡山空港は千歳からのエアドゥ、沖縄からのJTAが同時に到着して賑わっていた。
千歳便は消えてしまったが、この賑わいはうらやましい。
高松と岡山。やはり本州と四国の差は歴然だな。。。

この後リムジンバスとマリンライナーを乗り継いで帰途についた。

全てエアドゥ114便機内にて 2018.3.12撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事