一日一話 〜3rd Edition〜

鉄道、飛行機、競馬、そして日常・・・。なんでも撮ります。どこへでも行きます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全528ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ダレス空港到着後、レンタカーを借りて早速繰り出す。
イメージ 1
今回借りたのはこちらのクルマ。
どこの会社だかわからないけどアメ車。
ただ、走行中何かのカバーが外れてしまったりして散々だった。

まずは、空港の南側に位置するスミソニアン博物館の別館、
"Steven F/Udvar-Hazy Center"へと向かう。
ここからは、RWY1Rにアプローチする機体が狙える。
イメージ 2

ただ、この時間帯はまだ太陽が回り切っておらず…。
United Express operated by Air Wisconsin CRJ-200LR (N408AW)
イメージ 3
 
Iceland Air B757-200 (TF-FIS)
イメージ 4

Delta Connection operated by Skywest CRJ-700 (N772SK)
イメージ 6

Brussel Airlines A330-200 (OO-SFT)
イメージ 5
欧州の中堅系キャリアのワイドボディ機は欧州内ではなかなか撮れず、
このブリュッセルもA330はやっと撮ることができた。

British Airways B747-400 (G-BYGC)
イメージ 7

あーあ、肝心なところで曇っちゃった。

全てワシントン・ダレス国際空港にて 2017.9.15撮影


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

フライトはぴったり半分に到達。
イメージ 1
距離は半分だけど、時間はまだまだ半分に至らず…。
本当に長い。

プレミアムエコノミーだったので、ビジネスクラスのデザートをオーダー。
なぜか2種類ともに持ってきてくれた。
イメージ 2

イメージ 3
抹茶クリームプリンとミルクチョコレートムース。
ホットコーヒーが紙コップというのは本当にイケてないけれど、ここはLCCなので我慢・・・。

この日のフライトはシアトル上空からアメリカ本土に入るコース。
本土に入ってからが本当に長い…。
イメージ 4
到着まであと2時間。ここで2回目の食事。

なるほど…LCCで出てきそうな食事ですな。
イメージ 5

メインは白身魚の照り焼き。
イメージ 6

いやぁ…2回目の食事のクオリティが明らかに低下している気が。
これも自称5スターエアラインの新しいサービスなのですね。

シップは15分ほど早く、ワシントン・ダレス国際空港に到着。
イメージ 7
気持ちいい快晴!
早く外に出たいなぁ…ウズウズ。

イメージ 8

全て2017.9.15撮影


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

離陸後1時間半くらいで、機内食の時間。
イメージ 1
今月はこんな感じのチョイス。
悪いけどこれはAしか選択の余地はない。

というわけで、こちらが海鮮ちらし丼。
イメージ 2

見本より具財がちょっと寂しい気もするんだけど。
味は機内食にしてはまぁまぁかと。
イメージ 3

個人的に加点ポイントだったのは生野菜サラダ。
イメージ 4
今までは丼と蕎麦みたいな組み合わせが多かったように思える。
これから野菜不足の生活が目に見えているだけに、これは良かった。

イメージ 5
でも、なぜか海苔巻きが入ってるのね。。。

食後はハーゲンダッツ。相変わらずカチンコチン。
イメージ 6

それにしても、この食事中は本当に揺れた。
途中からベルトサインがつき、「あと5分間揺れが続きます」と。
5分たっても揺れが収まらないと、「あと10分揺れます」。
そしてその10分後には、「あと30分揺れます」と・・・。

いったいどういうディスパッチをしているのだか。
飛行の安全性に影響がなければいい、という問題ではない。
精神的なものも含めて、疲れが倍増する。

ひたすら東に向けて飛行するフライト。
窓の外は早く夕暮れの景色になってきた。
イメージ 7

ワシントン到着まではあと7時間以上。まだまだ長い。

全て2017.9.15撮影


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ちょうど1年ぶり、久々に海外へ旅立つ。
今回の旅は成田から。


今回の旅は出発前からANAとモメにモメた。
端的に言えばANAの手違いに他ならないのだが、
ANAは何もしない、ただ平謝り。でも何もしない。

さすがは誰も認めていない自称5スターの三流航空会社だ。
JALもワシントン行きに就航していただきたいところ。

まずはラウンジで軽く腹ごしらえ。
イメージ 1

今回はプレミアムエコノミーで。SFCのアップグレード特典。
イメージ 3

ラウンジからは、搭乗予定のシップが見えた。今回はJA778Aがアサイン。
イメージ 2

出発時刻が近づいたのでゲートへ。
イメージ 4
この便に乗るのは2回目だが、いつも外国人が比較的多い印象を受ける。

11時ちょうど発NH2便、ワシントン・ダレス国際空港行き。
イメージ 5

離陸後15分ほどでベルトサインオフ。
少し間ののち、まずはビールとおつまみでスタート。
イメージ 6

というわけで、新たな旅のスタートだ。

全て2017.9.15撮影

次は…【2017USA】新たな旅へ・・・ワシントン行きNH2便(その2)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夕暮れの海岸寺。

高松を出た予讃線が初めて瀬戸内海沿いを走る、海岸時周辺。
ここで夕暮れの予讃線を狙う。

22M しおかぜ22号(アンパンマン列車)/松山運転所8000系8B
ご覧の通り、この時間は残念ながら潮が引いていたようで。
せっかくの水辺の景色が物足りない。

少しずつ満ちてきたかな。
24M しおかぜ24号/松山運転所8000系8B

今回のお目当てはこれだった。
3070レ/吹田機関区EF210-158+コキ

本来この時間帯は上り貨物が2本続くはずなのだが、
この日は夏休み明けの影響もあってか、1本が残念ながらウヤ。
太陽もまだ高かったし、来年の今頃あたりでまたリベンジだろうか。

※先日の台風の影響で、ちょうどこの区間の護岸が崩れ現在も不通になっている。
一日も早い復旧を望みたい。

全て津島ノ宮〜海岸時にて 2017.8.20

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全528ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事