一日一話 〜3rd Edition〜

鉄道、飛行機、競馬、そして日常。なんでも撮ります。2017年4月から高松市に転勤しました。

機内食/搭乗記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

18.6.2 HND→TAK 機内食

4月に単身赴任が終わり、2ヶ月ぶりのフライト。
1泊2日の東京出張、往路は新幹線で帰りは飛行機となった。

NH997便高松行き。

相変わらず高松便は沖止めばかりですな。。。

この日のシップはJA112A。
A321のプレミアムクラスは初めてだ。

食事はSABOスタイル。
通常の食事と比べると、その落差はすさまじいもので。

こちらがメニュー。

■ハーブチキンとパンプキンのサンドイッチ
■カッテージチーズとポークハムのパフ
■ポテトサラダ、グリーンピースのスクランブルエッグ
■春雨サラダ

お土産は、 パティスリーユウササゲのお菓子。

あれだけ毎週のように飛行機に乗っていた日々はもはや過去。
久々の空の旅を楽しむ。

今回のフライトログ。

そういえばこの便ではまともにWiFiが使えた。
使えたということに驚くのは悲しいけれど、少しは改善しつつあるのかな。。。

全て2018.6.2撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

18.4.7 TAK→HND 機内食

4月をもって単身赴任生活は解消となり、
めっきり飛行機に乗ることもなくなってしまった。
他方、昨年度たくさん乗ったおかげでステータスはプラチナ。

というわけで、数少ない搭乗機会はなるべくプレミアムクラスを使うことにする。

4月の高松発東京行き朝一番の便。
高松発だと、食事は朝だろうが夕方だろうが時間に関係なく全く同じものが提供される。


■アジの南蛮焼き
■海老そら豆
■筍の土佐煮
■煮物(がんも、蓮根、里芋、人参)

■香川県産米のちらし寿司

うーん、朝から食べるにはちょっと重たいメニューだろうか。
それにしても、高松便はやたらとちらし寿司が多い気がするのは気のせいか。

4月からWiFi無料と銘打っていたANAだが、
この便も相変わらずWiFi非搭載のボロロクだった。
そういえば、最近はWiFiについてのPRは聞かなくなりましたね。。。

全て2018.4.7撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

千歳遠征の帰り。
千歳から高松へどうやったら経済的かつ早く帰れるのか検討した結果、
選んだのは岡山へ向かうエアドゥだった。

だが、この路線は3月の夏スケジュール切り替えで廃止となってしまった。
今回の搭乗時もほぼ満席だっただけに本当に残念。

機内のエアドゥ特製オニオンスープ。美味。

機内食ではないが、久しぶりに空弁を買った、
1000円の「石狩鮨」。


かにとサーモンのちらし寿司。
もう少しボリューム感が欲しかったのは否めないが、やはり美味だった。

函館VORから新潟VORTACを経由して南下する。

ちょうど岡山空港の到着機を出発機が重なり、
一回ホールドしてからILS07アプローチ。

そして今回のフライトログ。

この時間の岡山空港は千歳からのエアドゥ、沖縄からのJTAが同時に到着して賑わっていた。
千歳便は消えてしまったが、この賑わいはうらやましい。
高松と岡山。やはり本州と四国の差は歴然だな。。。

この後リムジンバスとマリンライナーを乗り継いで帰途についた。

全てエアドゥ114便機内にて 2018.3.12撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

那覇空港で妻と別れ、自分は高松へと向かう。
1日1便の高松行きNH1622便。
所定14時35分発のところ、もう15時を過ぎている。

というのも、機体のエンジンに故障が発生し飛べない状態とのこと。
いつまでもボロボロなB6を手抜き整備の状態で使っているからか。

結局、出発したのは55分遅れ。
自称5スターの三流航空会社にとってはよくある光景だが。

RWY18を離陸した機体は進路を北東に変える。


ちょうどおやつタイムのフライト。
というわけで、機内食も手抜きのプレミアム?SABO.

帰りは運転がないので、シャンパンとともにいただく。

サンドウィッチとお菓子の組み合わせ。

サンドウィッチは3切れ。マンゴーが少々。
なんと物足りない食事か。

お菓子はカカオ・サンパカ。
持ち帰りOKとのことだったので、機内では食べずに持ち帰った。

このコースで飛ぶのはもちろん初めて。
まぁ外はずっと雲海だったのだが。

この日の高松は雨。
となると、着陸できるかロシアンルーレット状態となるのだが、この日はなんとか着陸できた。
ちょうど1時間遅れで着陸。
最後も本当に大変なフライトだった。
さすが自称5スターエアライン。

というわけで、今回はどちらかというとリゾートでのんびりといった形態の沖縄旅行。
これはこれでアリかもしれないが、
自分にとっては正直物足りないかなー。

全て2017.10.16撮影

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年10月14日、高松空港。
いつもの通り2番ゲートに立つ。
いつもの東京行きではなく、沖縄行き。
高松空港で唯一となる東京以外の行先だ。
・・・これが唯一というのが本当に情けなく、不便。それが高松。

今日のシップはB767-300、JA8674。
WiFiすらついていないボロ機材だ。

まだ午前中だというのに機材繰りという、LCCならではの遅延理由。
10分遅れでの11時30分発だという案内だったが、高松のANAの遅延案内は本当にいい加減で、
この日もさらに遅れて11時40分の出発。
客層は東京線とは異なり、当たり前だがレジャー客が多いようだ。

WASYU 2 Departureで離陸。
このルートで飛ぶのは今回が初めてだ。
瀬戸大橋を眼下に。

今回はプレミアムクラスを予約した。
普通席の旅割と3000円くらいしか差がなく、積算マイルを加えればほとんど差がないも同然。

こちらがメニュー。


【壱ノ重】
■讃岐コーチンのだし巻き玉子
■さんまの竜田揚げ
■煮物 (大根、柚子入りすり身団子、紅葉豆腐、人参)
■舞茸ときのこのマリネ

どれがメインなのかよくわからないが、まぁ可もなく不可もなく。
ただ、やっぱりホットミールじゃないのは正直物足りない。

【弐ノ重】
■香川県産米の鮭ご飯

ごはんこそホットで食べたいもので…。

食後はコーヒーで。運転が控えてるのでお酒が飲めなかったのは残念。

南はまだ夏の空。
それにしてもよく揺れたフライトだった。

遅れは回復し13時35分頃、10分遅れで那覇空港に到着した。

しかし…ここからが長かった。
ターンテーブルから預け入れ荷物が出てきたのは何と30分後。
JALの乗客はどんどん荷物を回収して旅立っていくが、
ANAの乗客はどんどん増えていくばかり。
こういうところにもJALとANAの差がよく出ているな…。

全て2017.10.14撮影

次は…【2017沖縄】10/14の那覇…失われる美しき海。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事