ちょっとそこまで 明日なろ日記 Vol.1

今回の震災におきまして被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

夜勤明けの眠い目をこすって、糸山公園〜大三島にサイクリング。
大三島にある「大漁」っていう食堂に
  380円の「海鮮丼」を食べに行くことになったがじゃ。
 
今日のメンバーは、
イメージ 1
  E尾先輩(58年物のエンジンは、かなりパワフル)
  村Km君(軽量でコンパクトなエンジンが回る、回る。) 
  片YM君(今回初参加。雪山で板に乗ると 無敵。) 
  月OK君(満タン時は最速、燃料タンクが小さすぎてガス欠)
  近Do君(大きなふくらはぎで、一こぎ100m)
 
イメージ 2
糸山公園に10時に集合。
片YM君は、近Do君の自転車の軽さにびっくり(画面右上)
 
10:20 準備万端で出発
 
イメージ 13
6.2kmの来島海峡大橋を疾走。
走り始めは、追い風で曇り。
サイクリングには絶好の天気じゃ。
 
イメージ 21
11:04 来島海峡大橋を下りて、島の反対側の宮窪港に到着
      (出発から15.38Km)
 
秋祭りに備えて、上り旗がたなびいている。
 
イメージ 22
やっぱり、大島のダラダラ坂はしんどい。
帰りの事を考えるとぞっとする。
 
イメージ 23
伯方・大島大橋が見えた。
 
イメージ 24
11:17 伯方・大島大橋に到着(出発から17.3Km)
片YM君もダウンヒルマシーンでゴリゴリ音を立てながら快走。
 
イメージ 25
11:26 伯方島に到着(出発から20.5Km)
 
橋を下り、ローソンを前を通り、海側を走るとこの「しまなみ造船」の
大きなタンカーやクレーンを見る事ができる。
 
「こっちを走ると、上り坂を走らんでええから楽じゃ」
 
イメージ 26
0.5Kmの小さい 大三島橋。
これで、橋を渡るのは最後じゃ。
 
イメージ 27
月OK君と片YM君は遅れ気味。
またまた、燃料不足。
 
11:38 大三島に到着(出発から27Km)
 
橋を下りてしばらく走るが、燃料切れの月OK君が来ん?
携帯電話にも出ん?????
 
そのうち、月OK君の姿が見えた。
どうも、後のタイヤがパンクしたみたいじゃ。
 
イメージ 3
12:00 ここでE尾先輩のチューブ交換の講習会。
近Do君の持っていたチューブを使って、修理完了、再出発。
 
イメージ 4
海岸線を走り井口港を左に曲がる。
これから道は、初体験。
ダラダラ長い上り坂。
2Kmの上りの後は、2Kmの下り。
 
腹が減っているせいか、力が出ん。
E尾先輩、近Do君、村Km君はガンガン走って行く。
 
イメージ 5
12:40 「大漁」についたどー(出発から37Km)
 
これで海鮮丼を食べながら、ビールが飲める。
でも、なんか店は静かで暖簾が出てないんじゃ。
 
近Do君が様子を見に行くと
 「火水 定休日」 の貼り紙。
 
「なんじゃそりゃー。ブログには 定休日は、水曜日って書いてたやんか」
「火水 定休日」の火の部分が新しく付け足された感 おお在り。
 
「わしの夢が打ち砕かれた瞬間じゃった」
 
イメージ 6
隣には、お食事処がーーーー。
 
「ここ行くべ 行くべ」
「お食事処 喜船」
 
イメージ 7
ここで、「海鮮丼」を食べながら、「ビール大」 飲んだ 食うた。
「旨い、以外にボリュームもあるし、満足っす」
このまま、車で家に帰りたい。
 
 
 
イメージ 8
喜船の前にあった「せとうち茶屋」を覗いてみた。
 
 
イメージ 9
伯方の塩アイスがある。
イメージ 10
それも塩アイスとチョコレートの みっくす。
チョコが塩を食うてしもた感じで塩の味がせん。 以外に微妙な味。
 
イメージ 11
月OK君は、ミックス食って、エネルギー充填。満タン状態。
 
イメージ 12
大三島に来たからには、大山積神社にお参りせなバチが当たる。
ここは、山の神、海の神、戦いの神が祀られてる。
 
イメージ 14
ここのクスノキは樹齢2600年の天然記念物。
月OK君「キリストが生まれるより前ですね」
 
本当じゃ、かなりのおじいさんじゃ。
人間なら年金かなり貰えるのー
 
イメージ 15
帰りのサイクリングの無事を祈って お参り。
 
イメージ 16
14:11 そろそろ、帰りまっせ。
大三島の山は、岩が露出してたが、以前に山火事でもあったんかいな。
 
帰りは、宮窪港で休憩を入れただけで、自分のペースで走った。
わしも、宮窪港までは、ゼーゼー言いながら、
 20Km以下にスピードを落とさんように走ったが、
 「なんだかふくらはぎが攣りそう」 ヤバシ
 
月OK君も塩アイスパワーでここまではぶっちぎりの早さじゃった。
 
イメージ 17
キラキラ光る海に向かってE尾先輩が走りぬけて行った。
帰り道はずっと、向かい風で わしゃ涙が出そうじゃ。
 
イメージ 18
 
イメージ 19
最後のこの橋を渡るの大変じゃ。
神様は、最後の最後までいじめてくれる。
 
「苦労は買ってでもしろ」って言うが、
   わしは 「売ってでもしたない」
 
イメージ 20
糸山の土産物売り場で、今治のゆるキャラの「バりイさん」グッズを見つけた。
頭にのってるのが 「しまなみの橋」なそうな。
 
16:18 糸山公園に到着
 
帰り道は、いいペースで帰ってこられた。
近Do君、村KM君、E尾さんはダントツやった。
 
今回は、大所帯で走ることができ楽しかった。
ただ走るだけでなく、美味い食事にビール、雑談。
 それと 名所を巡るってのがいい。
 
慾を言うなら、風呂にでも入って みんなで汗を流して帰れれば最高。
 
一日、ゆっくり遊ぶことができて、余は満足じゃ。
 
 
疾走距離 :74.2Km
疾走時間 :2時間弱 (帰り)
最高速度 :45.7Km

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事