日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

http://www.gnss-pnt.org/symposium2014/
ここで、 紹介しています。

いつも来年こそは! といって、 今年で8回目になりました。
進歩がないなぁ。 といってますが、


今年からは、QZSSを積極的に利用するコンテストとなりました。

競技内容が2つになりました。

1つは、ダブルパイロンレース

2つめは、QZSSスクランブル

この記事に

開く コメント(0)

http://www.gnss-pnt.org/symposium2013/
ここで、 紹介しています。

いつも来年こそは! といって、 今年で7回目になりました。
進歩がないなぁ。

この記事に

開く コメント(0)

平成24年10月27日(土曜日)に
東京海洋大学 越中島キャンパスの明治丸前の芝生広場において、
第6回目の GPS Robot Car Contest 2012を開催します。
競技は、「ダブルパイロンレース」方式です。
一定時間内に10メートルから20メートルほど離れた2つのパイロンを往復する回数を競い合う競技です。
時間は午後1時から午後4時までの予定です。
ロボットカーの準備の為に、10時頃から会場での試走が可能です。

この記事に

開く コメント(0)

11月5日(金)に第4回のGPSロボットカーコンテストが、
東京海洋大学越中島キャンパスで開催されます。

チェックポイントの座標が決まりました。
当日の正午に、参加者へ配られます。

今年は、救済措置が増えた代わりに、減点がルールに加わった。

条件によっては、全部のチェックポイントを回るよりも、
いくつかのチェックポイントにしぼって回った方が、点数が高い場合があります。
ただし、やはり点数が高いのは、全部のポイントを確実に回って、
速度が早いロボットカーの方なので、2位3位争いが混戦になると思います。

今年は、参加台数が少ないのが残念。
末永く続けてゆきたいので、ルールはみんなの意見を聞きながら、
すこしづつ修正することになるだろう。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
昨年までと同じ車体と電子回路を利用します。(発展性がなーい!)


車体;ラジコンカーのタミヤ ダブルブレイズ、
マイコン;H8/3687(ベストテクノロジー) 、
GPS;ガーミンのGPS 15L-W 、

接触センサーや超音波センサーの搭載は、未定(おそらく時間がないので搭載しない?)


名前は、熊本キャンパスの近くの山が阿蘇で、八代キャンパスの近くの海が不知火だから
取った名前で、3号は、第3回目の大会出場だからです。 (ベタな名前ですみません。)

この記事に

開く コメント(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事