全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

RIDE #37 (2018)

たんくさんの所にガッツFKさんと遊びに行きました。

イメージ 1

イメージ 2


先週末に男塾名物・直進行軍を行ったので、コースがめっちゃエエ感じに育ってました。

イメージ 3


たんくさんは、いつも元気いっぱい。
ブリブリ下ってギャハハと笑って、アホアホライダーでした。

私は、前日の山行で太ももパンパンをメイクしてヘロヘロに。。。
ぜんぜん踏ん張りが利かず難儀しました。
前を行くたんくさんに追いつけず、「アカーン!しんどーい!」とギャーギャー叫びながら下って、アホ感を醸したりました。

ガッツFKさんは、ライディング技術が一皮剥けたみたいです。
その分得意のガッツ・エンペラーが薄まり、お笑いの点では残念でした。
しかし、新車サンタ・カメレオンのフレームが落ち枝で擦れて良い感じに育ち、精神的にヘコむ様が面白かったので、お笑い総合点では高得点を叩き出しました。
あぁ良かった、良かった。

やっぱり複数名で行くMTBライドは楽しいですねぇ。
また行きましょうね。

TK-R
久しぶりに覗きたい衝動に駆られ、覗きに行ってきました。
覗き言うても犯罪のヤツちゃいますよー!
覗きと言えば大峰。大峰と言えば登山ですがな。
今回は伯母谷覗ってとこに行ったりました。

朝8時、上谷(こうたに)の久久能智神社(くくのちじんじゃ)からクライムオン!

イメージ 1


いきなりでっかい雄鹿に遭遇。
写真は撮れなんだけど、立派な角あってめっちゃデカかったー。

と、感動も束の間、すんげー急登30分。

イメージ 2

暖まってないオサーンの身体にビシバシ来るでー。ビシバシステムやでー。

イメージ 3


急登終われば、尾根&尾根沿いのトラバース道をひたすら登る。

イメージ 4


この道標見て、歩きの歌はゴダイゴのガンダーラに。

イメージ 5

丁石立ってるでー。

イメージ 6

いつのまにやら歩きの歌はドリフのゴーウェストに転じてしまいました。

地元中学校の素敵なイベント名残り。

イメージ 7

ほんまエエなぁ。素敵やんっ!

大峰らしくなってきた。

イメージ 8


地図上の伯母谷覗を目指し、バリルートをニンニキニキニキ登ってみる。
三角点あったけど、こらぁ遭難しそうになるぜぇ。

イメージ 9

そして崖で行き止まり。
って事で、来た道をニンニキニキニキ引き返す。

本ルートに戻った。
ええ感じの枯れ沢。

イメージ 10

ここを少しニンニキ。

そして伯母谷覗に着いたー!

イメージ 11

ウッヒョー!これこれ!この高度感!
気持ちイイー!
大普賢岳カッコエエがなー!

しかし、地図上の伯母谷覗と実際の伯母谷覗が存在するって事を前情報で得てたけど、全然位置が違うやんかいさー。

とか言いつつ…


次は大普賢岳を目指す。


と、女人結界現る。

イメージ 12

イメージ 13

さすが大峰。
山上ヶ岳には女性は入山できません。

寒なってきたと思ったら、コケの上には雪。

イメージ 14

そしてツララも。

イメージ 15


そして大普賢岳山頂に着いたー!

イメージ 16


前回登ったバリゴヤ→稲村→大日が見えるでー。

イメージ 17

やっぱバリゴヤ厳ついわぁ。

山頂で山飯タイム。
今回もじゃがりこマッシュポテト。

イメージ 18


それをクルミパンの上に乗せてBite!

イメージ 23

Yummy yummy!

山飯終了後は同じ道を下山。

下りは速いでー。

もう一度伯母谷覗。

イメージ 19


右側の三角の出っ張りに乗って撮影。

イメージ 20

イメージ 21

おー怖っ。

その後はダーっと下って7時間半の山行終了。
最後の激坂、ヒザにキタわぁ。

久しぶりの覗き。やっぱサイコー!
ホンマやめられんわぁ。

ゴローS-8深型も1日イジメられて良い感じに育ったどー。

イメージ 22


さぁ次の山行はいずこへ?

TK-R
ピッケルの準備完了です!
最近のピッケルの柄はアルミですが、私のは木ぃです。

イメージ 1


TK-R

RIDE #36 (2018)

たんくさんとこに行きました。
台風21号でトレイルはズタボロになってました。

そこで、男塾名物!直進行軍を行い、中〜下コースは開通しました。

イメージ 1

あー楽し。

帰りの車では、燃料超絶エンプティで焦りました。

イメージ 2

渋滞無くて良かったー。渋滞したら終わってたかも。

TK-R

バリゴヤの頭 登山

またキツい山行。。。
バリゴヤの頭に行くって?
何やねん?バリゴヤって。。。
ヤホーで意味調べても出てけーへんし。
前情報ではキツい山らしいで。

ま、ワシにはゴローS-8深型があるさかい、どっからでも掛かってこんかいっ!…くっさ〜。

とか言うてぇ、実は前日に軽く慣らしで槇尾山を一周。
右のカカト軽く靴擦れ。サラピンやからしゃーないけど、これ、ヤバいやーん。

そやから急遽靴下2枚重ねで勝負。
いけるんか?俺、いけるんか?


今回のバリゴヤ攻めメンバーは、おなじみ1day槍ストのNANさんとハド。
アホアホクライマーズですわー。

6時天川集合でゴール地点の母公堂に車を1台デポし、モジキ谷入口を7時前にクライムオン!

イメージ 1


早速、道判りにくい。
いきなりルートロス。
NANさん、オモシロ橋を渡ってから気付く。

イメージ 2

はい、もう一度その橋渡って帰ってきなさい。

そっから強力の頭まで尾根を直登。
くぅー、キツい!

イメージ 3


大峰らしくなってきたどー。

イメージ 4


胎内くぐり岩。
汚れたオサーンたちはここをくぐって生まれ変わった。

イメージ 5

イメージ 6

清々しい。世界が明るく見えるぜぇ。

いつのまにか着いた。
強力の頭。

イメージ 7

天気が良くて景色サイコー!
強力、剛力、剛力彩芽、ランチパック!

ほんでそこから一旦下って。。。また急登。

何処や?バリゴヤの頭。

んで、バリゴヤって何やねん!(何度も言う)

ほんで何ちゅう道歩かすねん!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


岩、シャクナゲ、岩、シャクナゲに苦しめられ…
到着!バリゴヤの頭。

イメージ 12

ここまで3時間強。
ピークは特に何も無いねんけどね。
この山、他のところから見たらめっちゃカッコええ形してんねんでー。

ピークをゲットしたら次に目指すは稲村ヶ岳じゃい!
それまでに何個か小山ピークがあるんやけど、アップダウンがキツいキツい。
岩、根、シャクナゲ。。。

と、その下りで私、濡れた根っこでズサッと滑ってシュパッと崖からガンダム並みの射出!
ガンダムよー知らんけど。

ほんで今まで苦しめられたシャクナゲの木の上にスタッ!

嗚呼、命拾い。

シャクナゲ様様やー。

そん時の顔、初期ちびまる子ちゃん縦線入ったはず。
これがその時の私。

イメージ 13

小声でやすえ姉さん風に「怖かった…♡」言うて泣いてもた。
この後、あまりの恐怖体験で歩き方が肥桶持った加トちゃんに。。。


あ"ー、それにしても稲村ヶ岳遠いぜー。

こんなロックも登らなアカンし。

イメージ 14

登るし。

イメージ 15


またロック。

イメージ 16

内田裕也登攀法を駆使して登るぜ、ロッケンロール!
そんな登攀法無いけど。。。

あと少しで稲村ヶ岳やで。

NANさん、クライマーズハイ入って白い木見たら「白樺ぁ青ぞぉら♫」とコロッケ寄りの千昌夫をメイク!
ここに白樺は生えてないでぇ。

ほんでさらに3人気持ち良くなって、見晴らしエエところで…
NANさんシャクレて、シャー!このヤロー!

イメージ 17


ハドは卍の舞。

イメージ 18


私はヤッター!マシオカ。

イメージ 19


とチョケてもーた。。。

そしてそして着いたー!
稲村ヶ岳山頂。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22


いつもガスガスの大峰やけど、この日は天気サイコー!
奈良、大阪、神戸、淡路島、見えまんがなー。
あんなところに人間はせせこましく生きとるんやなー。
人間なんてララーラ…吉田拓郎はやめとこ。

その次に目指すは宝剣。
メインコースから少し外れたところにひっそりと宝剣が祀ってありますねん。

イメージ 25

イメージ 26

こんなのがある事を知らん人も多いんちゃうかな。

次はモッコリと盛り上がったこの山。

イメージ 23

大日山。

バリゴヤからの急登続きで身ぃ入ってしもて、大日山登るのもシンドイわー。

で、山頂の大日如来様に「滑落から救って頂きありがとうございました!」と御礼。

イメージ 24


あー、よー遊んだー。
腹減ったー。メシ食お、メシ!

稲村ヶ岳山荘まで下ってと。

イメージ 27


めっちゃ遅めの昼食。

ここでNANさんから教わった じゃがりこのマッシュポテトを作ってみる。

イメージ 28

これまたビックリ!ほんまにマッシュポテトや!
美味い!
またコレやろーっと。ほんでイキったろーっと。

美味いメシとコーヒーを堪能し…
ザ・下山!

途中でマムートの木に会い…

イメージ 29

天気エエからこないだ見た時と感じ違うわぁ。

歩きながらNANさんと重登山靴トーク。
革登山靴に取り憑かれた我々。
そらぁもう堪らんでぇ。

ハドよ、革登山靴を早よ買いなはれや!
そこのガッツFKさんもやで!早く!早く!

とか言いつつ、ゴールの母公堂に到着ぅ。

イメージ 30


あー楽しかったわー。
今回のこのコース、めっちゃ楽しい!
そやけど体力要るでぇ。
簡単には行かれへんコースやでぇ。

サラピンのゴローS-8深型もエエ味出たよ。
よーさん屈曲したし、屈曲角度も深かったから、この一日で自分の足に馴染んだ。
靴下2枚重ねも正解。
靴擦れ無しやった。

最後にNANさんの靴とパチリ。

イメージ 31

やっぱ革重登山靴カッチョいい!

ここでNANさんとはお別れ。
今回もアホアホ登山ありがとうございました!

で、ハドと私は天の川温泉に。
登山後の温泉、ホンマ気持ちエエ。

しかーし、私、パンツを忘れるという痛恨のミス!
風呂上がりはノーパンで下半身を501にねじ込んだった。
ノーパン501健康法やー。

なんやかんや色々あったけど、やっぱ登山オモロいわぁ。

さぁ次どこ行く?

TK-R

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事