社長の独り言

北海道の農業経営者の独り言

とうとう・・

先日、ビニールハウスを抜きに行く仕事をしてきた。

近年、ビニールハウスの値段も上昇して、なかなか手が出る価格でもない。
かといって、異常気象が当たり前の昨今、気温や雨の影響を受けにくいのはやはり
ビニールハウス栽培だ。

ということで、「中古のビニールハウスありませんか」と様々な方面にお願いしておく。

昨年は50mのが1棟、春に35mのが7棟、そして昨日は65mが1棟と出たので
解体し撤去して移設する。

今年49歳になったが、アルバイトに来てくれた男性がなんと平成生まれ、でも29歳。

そうななんだよな、もう平成生まれでも30歳なんだよな。
自分は、もう50手前のいい年したおっさんやん。

確かに、自分が30歳くらいの時は50のおっちゃんには余裕で力仕事なんて勝ってた。
持久力も、パワーも圧倒的にあった。

確かに30代と仕事をしているとパワーはまだ負けないが、やっぱり持久力は勝てないな・・

そうやねん、もうそんな年やねん!

無理したら、3日も4日も取り戻すのにかかるねん。

ちょっと控えめでちょうどエーぐらいになってんなと、平成生まれの30歳とビニールハウスを抜きながら
感じてた。
(笑)

開く コメント(0)

何を学びたいか

以前、林家たい平さんがなぜこん平師匠に弟子入りを志願したかということを
ラジオで話しておられました。

「こん平師匠はすごく気遣いがある師匠なんです。ほかの弟子が気付くよりも早く灰皿がでてくるんです。
 別にだからといって弟子を叱るわけでもない。

 落語を学んだり、話術を学べる師匠はたくさんいるんですけど、人生を学びたいと思ったのは
 こん平師匠でしたね」と。

確かに、20代、30代なら金を稼ぐことや見ばえにも多少魅力を感じたが、もうそう話題しかない人には
「自分は」全く魅力を感じなくなった。

今年49歳になったが、50歳は「知命」

つまり、自分の人生において最も重要なのは何かを知るということで、
「自分はどのような役割をもってこの世に生を受けたのか」を知るということらしい。

金の稼ぎ方は下手だから、全くもうからない零細企業の経営者なのでそれは他の立派な経営者に
話を聞く方がよっぽどいいと思う。

見せかけをよくするのも所詮は「メッキ」なのでいつか剥げるもの。
実力以上の評価は何の意味もなさないので、地位も名誉も、評価も全く興味がない。

農業をこの地で初めて19年だが、うちから5組の新規就農者が独立していった。
幸い、みんなよく働くし経営も順調そうで、もうすぐでしに抜かれるなと思う(笑い)

だからといって全然足を引っ張ろうとか、ねたむとか、嫉むとか言う感情は無いので
そういうことをする人間の頭の中が理解できない。

結果の差は準備の差 なので、結果を出す人間はしっかりと準備が出来ている証拠だから
結果を出し続けているのは、準備つまり自分に投資してきた結果だから。

むしろ自分は、近くにいる「元 弟子」にいろいろ情報をもらえることに感謝するくらい。

しかしこれも、「元弟子はいつか聞ける師匠」を育ててきたからこそ。

そして6人目の研修生はうちの正社員として今現在、うちに会社の右腕である。

結局のところ、お金は銀行振り込みで都市部から振り込まれても、それを時代に応じた形で
運用する「人」は振り込まれるわけじゃない。
育てない限りそこには存在しないもの。

お金で人は育たない。人を育てるのは「ひとの心を動かせる言葉と背中」しかないと思う。
それを持っているのは、同様に心を動かされる言葉と背中をみせてもらえた人に出会えたかどうかだと思う。

今うちを卒業した元研修生がもっともっといい経営者になってもらいたいし、どんどんうちを抜いて行ってもらいたい。またそこで自分のないものに気付くことが出来るだろうし、いつまでもライバルがいることがモチベーションを維持することにつながるから。

あしの引っ張り合いをしてもそれは自分で自分を貶めることにしかならない。
どうせ同じ時間を過ごすなら、お互いが学び合い、高め合う時間にをこれからも費やしたいもの。




 
 

開く コメント(0)

久々のブログ更新です・・💦
ブログ更新するのをさぼっていました(笑)

6月の19日で49歳になりました。いや、なってしまったが正しいのか・・・
そしてなぜこんな時間にブログを更新しているのかというと、今日は待ちに待った雨だからです。

今年の北海道(毎年もうこんな感じで天気が偏っていますが)4月の末から今まででまともな雨は2回かな?
ちょろっと降ったのをカウントしても4回ですね。
雨が降るといっても、農家の雨が降るっていう意味は都会で雨が降るっていう意味とは全く違うんですね。

雨がぱらつくのも雨が降るですが、農業生産においての雨が降るとは、土中の肥料を溶かして作物の根の付近まで染み渡る程度の雨でやっと「雨が降ってくれた-!」ってなるわけです。

ってわけでやっと「雨が降ってくれた!」のでお休みではなくて、たまりにたまった請求書の支払いと事務仕事を一括処理していました。

毎年自分の誕生日は、農業の超最盛期なので自分の誕生日も忘れてます(笑)
でも今年はうちのスタッフみんなで「社長誕生日おめでとうございます!」ってことでバースデープレゼント頂きましたので、流されずに思い出しました。そして、もう49歳になるんだということも流されずに思い出しました。

うれしかったのは「社長の好きなポテチの詰め合わせ」ということで、いろいろな種類のポテチをもらっちゃいました。そうなんです、ポテチ好きで食べるってことを覚えていてくれたんですね(笑)

それと札幌で有名なチーズケーキ(4種類のチーズケーキがホールになっていた)をわざわざ社員の奥さんが買ってきてくれたんですね!そうなんです、ケーキも好きなんですよ。

それともう一つ。ウイルキンソンのジンジャーエールをケースでもらっちゃいました(笑)
社員の男の子とジンジャーエールの話してたんです。
カナダドライはちょっと甘いわ!ウイルキンソンの方が辛くて好きやなー。ビンの方がさらにおいしい!って。

そしたらわざわざ、瓶入りのウイルキンソンのジンジャーエールを探してケースで買ってきてくれたんです!
やっぱりビンのジンジャーエールは美味い!

みんなありがとね!社長のひとことよく覚えていてくれて!

無視される社長じゃなくてよかったわ(笑)

開く コメント(0)

数日前、テレビを見ながら食卓の上に甘栗の剥いたのが、袋が開いたまま置いてあった。
皆さんがよくご存じの甘栗むいたあれです。

中身はアルミなのかわかりませんが、栗のイラストが描いてあるので見えません。

鉄腕ダッシュで、東京湾(この日は深海魚)のことを放送していたので真剣にまた、興味津々に集中して
観ていた。

テレビに集中しながら、この甘栗を視角の隅の方でとらえながら引き寄せて
袋の中身を指先の感覚で探り、指先で栗をつまんでは口に放り込んで食べていた。
時間にすると20分ほどだろうか?
指先でつまんでは食べ、指先でつまんでは食べしてるうちに、栗が底の方にしかなくなってきたので
はじめて袋の中を覗き込んで栗の位置を確認してつまみ出してみた。

「・・・・・・・・・・・!」

栗の5分の1くらいに緑色のかび生えてるやん!!!
今まで何個食べてんねん!!!

時すでに遅し・・

今晩か、明日の朝絶対おなか痛なるやん!

それよりこの栗いつのやねん!こんなもんここに置いとくなや!

うちの嫁人間がでかいのか、細かいこと気にならんのか・・
とんでもない嫁や!

開く コメント(0)

まだ治らん⤵

2/20頃にひいた風邪・・・

薬を飲んでも、ユンケル飲んでも、あっつーーーい風呂に入って汗ダラダラかいても・・・
全く風邪がすっきりと治りません。

昔なら、葛根湯飲んでユンケル飲んであっつーーい風呂に入って汗かいたら3日かかるかかからないかで
完治したもの。

もう3週間近く風邪が抜けていかないなんて・・・
自分にがっくり来てます。

もう、今年から1月に最低1日は休もうと真剣に思った。

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事