日常の話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

金・・・の子

金環食まであと少しの時期でいろいろ準備していますが、金環食の金繋がりなのか我が家の金魚が産んだ卵から稚魚が孵化しました。
たぶん10日位前に孵化したと思うのですが、卵が産みつけられたらしい水草をバケツに移していたら、いつの間にかたくさんの稚魚が泳ぎ回っていました。

イメージ 1

最初は虫めがねで見ないとわからない位だったのですが、日に日に大きくなっていく感じがします。
大人になるには1年くらいかかるみたいですが、ざっと100以上200匹位いるみたい。

金に纏わる縁起良い出来事なので、金環食はたぶん快晴だな。


来年は金魚掬いが出来るぞ〜(^^)

なんてこった〜(/_;)

5月早々なのに・・・

外付けハードが認識できない・・・

やば、撮影画像みんな入れてたのに・・・


ここで逝くなよ〜 <(`^´)>




P.S.(5/1 16:12)

どうやら物理的に壊れたみたい。HDDから異音がガタガタとする。
ご臨終のようです。

画像データ全部ダメだわ〜。
これはへこむなぁ〜。

趣味のデータだから何が何でも復旧するようなモンでは無いし
新しいHDD手配して一からやり直しだね・・・。

いやはや・・・。

さくら 満開

いわきも桜が満開になりました。
イメージ 1

というわけで、18日に市内の松ケ岡公園に散歩がてら花見に行ってきました。
イメージ 2

数は少ないですが、シートを敷いて花見を楽しむ方々もチラホラ・・・。
イメージ 3

安藤信正公の像。大老井伊直弼亡き後の幕府を支えた老中で、公武合体策等を推し進めた方。大河ドラマ「篤姫」ではまるで無能老中の描かれ方をしていたが史実は異なる。最近の大河が期待に反してイマイチなのもメチャクチャな時代考証や史実無視の脚本家を使うからだよね。
イメージ 4

ここにも放射線測定装置がありました。
イメージ 5

やっぱり詳しく測ってますね。この狭い敷地内でも高い低いが結構あるようです。
イメージ 6

思えば、去年の今頃は妻の実家浜松に避難中でいわきの桜は見ていませんでした。
今年はなんとか無事に見れたかな・・・。
イメージ 7

浜通りの桜の名所・夜の森の桜を見られるようになるのはいったいつになるのだろうね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000360-yom-soci

謹賀新年

昨年は大変な年でしたが、今年は真の復興に向けて羽ばたける年になりますように。


元朝参りにいわき市久之浜町にある波立薬師に行ってきました。

3.11の大津波にも耐えた弁天島と鳥居。
イメージ 1

この薬師寺も津波の被害に遭いましたが、復旧して初詣参拝客で賑わっていました。
イメージ 2


今年の無事安全と復興を祈願してきました。
みんなきっと同じようなことを祈願しているのではないかなぁ、今年はね。

昨日の紅白、猪苗代湖ズ/箭内さんのコメントを聞いたら泣けてきたよ。
我が福島県の復興はこれからです。

腰痛に倒れる(ToT)

私は腰痛持ちです。
普段から運動不足ということもあるのでしょうが、マックノート彗星が来たときにも寝込んだことなどもあり、今回もその時と同じように、最初は「あれ、腰が痛いぞ?」という軽い感じが、だんだん時間とともに酷くなって立ち上がることも出来なくなってしまいました。
今回は、26日の日曜日の午前中に同好会の例会に出席して、その時は体調も良く腰の具合など気にも掛けていなかったのですが、夜になって「あれ?腰痛い?」という感じがあったのです。でも、この時は特に気にも掛けていなかったのですが、27日になると腰の痛みが酷くなって横にならないといけない位になってしまいました。ちょうどこの27日にはご近所のお通夜があったので顔を出す予定でしたが、お昼頃にはかなり腰の傷みが出て外出が厳しい状態になってきたので、「これはお通夜はやめて明日のお葬式の方に出ようか」と話をしていました。ところが、夕方になると更に酷くなって、明日も無理そうな感じになってきたため、お香典だけ御近所さんに頼んで持って行ってもらうことに・・・。夜になるとますます酷い状態で、巻いた毛布にしがみついてうつ伏せ状態にならないと痛みが酷くて寝返りも出来ない状況に・・・。
とにかく、今回は今までで一番酷かった・・・。

28日、29日と患部に湿布をして、神経痛・腰痛に効く薬を飲んで安静にしていました。
買い薬ですが、この腰痛の薬が効いたのか、時間とともにかなり回復してきました。

まだ痛みがあって腰に力が入りませんが、なんとか立って家の中を歩ける位には回復しました。一時はトイレにも立つことが出来なかったので、どうなる事やらと思いましたが・・・。


今年3月4月は、震災原発事故の避難で横浜の親戚宅に避難しましたが、その時に体調を少し崩したので横浜の病院に行ったことがあります。そこで、かなり糖尿が出ているとのことで、もう治療を始めなさいと言われていました。
そこで、こちらいわきに戻ってから糖尿病の専門医のところに行き治療を開始しました。5月16日の初診時に 食後2時間後血糖値238 ヘモグロビンa1c9.2% というどうしようもない状況でしたが、その後まじめに食事療法に取り組み6月25日には 食後2時間後血糖値89 ヘモグロビンa1c6.2% と大幅改善を果たし、主治医から褒められて帰ってきて非常に気を良くしていたのです。

もう私は健康だぁ〜、次の診察の時にはa1c5.8%を楽勝で切ってやるぞ〜〜〜
(この値は5.8%以下で優良/健常人ということらしい。)
と、気合い満々で健康への自信を深めていた矢先でしたが・・・

ここで腰痛・・・くるかのぉ〜 (ToT)


でも、今回の腰痛で、なんとなく私の腰痛がどういうものか分かったような気がします。
結構背中の筋肉などが凝っているようで、腰痛の個所にも肩凝りのような凝り玉のようなものが出来ているようです。
たぶんこうなる前にマッサージなどを普段からやっていれば防げたようですね。
これからは、定期的にマッサージなどもやっておこうかなと思います。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事