Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

魔法の杖!トレッキングポールを使いこなそう


スキーで言ういうところのストックです。
トレッキング用のストックとして開発され、トレッキングポールと呼ばれています。

雪がないのに必要なの?
そう思われる方もいるかもしれません。

まだ一度も使ったことがない人は、是非試して欲しい。
足の負担が圧倒的に軽減される優れものです。

私はトレッキングポールを忘れると、心底意気消沈したものだ。
そんなときは、落ちている木の枝を代用したりする。

このトレッキングポールを使いこなすには、多少の慣れが必要。
特に高齢者の方が始めて使って、かえって疲れてしまった。
そういう声もないわけではありません。

その場合はほとんど、正しい使い方をしていないことが多いのです。

腕が疲れるのはトレッキングポールの長さに問題が


トレッキングポールは伸縮性があるので、長さ調節が大変重要。
疲れる人は、概ね長すぎる場合が多い。

フラットな場所を歩く場合の目安を私の経験から言います。

'''グリップを握って、自然に地面に立て、肘が90度に曲がっている状態では長すぎる。
肘の角度は45度以下がおすすめ。'''

歩くたびに「持ち上げる」という動作を行うのでは、腕が疲れてしまいます。
トレッキングポールを持っていても、自然な手の振りに近い感じを意識してみてください。
歩いていて腕が疲れるようなら、思い切って短くしてみる事です。

また、上りと下りでは、長さを変えることも重要。
当然上りでは短め、下りでは長めとなります。

ストラップの長さ調整も重要


装着するときは、グリップのテープ状のストラップは、必ず正しくセットして下さい。
それで加重を手の握力だけでなく、テープが受け止めてくれるので疲労が大幅に少なくなります。

ストラップの正しい装着方法は、スキーのストックと一緒です。
ループの下から手を通し、ストラップと一緒にグリップを握ります。

重要なのは、ストラップを握って下に力を加えたときに
グリップ部分にちょうど手の位置がくるようにストラップの長さを調整します。

この調整は快適なポールさばきには、欠かせないので、必ず行ってください。
レキ社のトレッキングポールはストラップの長さ調整は簡単に行えます。

レキ社のトレッキングポールは石鎚のグリップ力も大変高く、大変使いやすいです。
トレッキングポールを購入するのなら、レキ社のものが断然おすすめです。

以上ポイントを押さえた上で、あとはひたすら馴れる事です。
きっと手放せなくなると思いますよ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事