Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

マムート ゴアテックス プロシェル・クライメイトレインスーツ

マンモスのマークでおなじみの「Mammut」のレインウェア。
一般的には、馴染みが薄いブランドかもしれません。
しかし、クライマーには絶大なる信頼を得ている人気ブランドです。

クライミングロープをはじめ、ハードなギア、ザックなどを中心に
こだわりのアイテムを取り揃えており、わたしの好きなブランドのひとつです。
ちなみに「Marmotマーモット」と「Mammutマムート」を混同している方がいますが
まったく別ブランドですので、お間違えなく。

そんな「硬派」なブランド「マムート」のレインウェアは
マムートらしい洗練されたデザインに加え、機能性の高さにも注目したい。

特許出願中の「ゴアテックス・マイクログリッド・バッカーテクノロジー」を採用。
従来よりも耐久性に優れ、なおかつ軽量・コンパクト(625gLサイズ)。

この重量は、モンベルのストームクルーザーの530gには負けるものの
ノースフェイスのゴアテックス軽量モデル「RAINTEX FLIGHT」の620gとほぼ同等。

快適性を左右する、透湿性能も高いものがある。
ウェア内の蒸れを軽減するための透湿性は、最高度に設定。

わたしの中でのマムートの印象は、高機能でとてもCool!なブランド、でも高い(ごめんなさい)。
そんなイメージがありましたが、このゴアテックスレインウェアは、「安い!」というのが第一印象。

この値段でマムートが手に入るなら・・・と思わず手が出そうになる。
胸のブランドネームとパンツのマークが、「Mammut」をアピール。
これが、かっこいい!

●カラー/413amazon×carbon
●サイズ/S、M、L、XL
●重量/625g
●マテリアル/30D GORE-TEX Fabric 3Layer

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事