Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ストーブは燃料により、大別すると3種類


ここで言う「ストーブ」というのは、調理用のバーナーのことです。
暖を取るためのストーブではありません。
わざわざ注釈も不要とは思いますが、念のため。

登山向けの携帯ストーブを選ぶには、まず燃料を選択しなければなりません。

ガソリン
灯油
ガス

この3種類が、一般的な登山で使用されています。
アルコールなどその他の燃料もあることはありますが、マイノリティなのでここでは取り上げません。

この3種類の中から、どれを選ぶかは「好み」の問題です。
そう言ってしまうと、それで終わってしまいますが、そうなんです。

優劣をつけるのはちょっと難しいですね。

私は登山歴の前半はガソリン、後半はガスを使用していました。
昔はガスは、寒冷地や高地でパワー不足を謳われた事もありましたが
現状は、使用環境に応じてガスカートリッジが用意されており
ガスストーブのパワー不足を感じることは、ほとんどありません。

私が、ガソリンストーブから、ガスストーブに変えた一番の理由は
「手間がかからず、簡単」とうところです。

ガソリンや灯油ストーブの場合は、内圧を高めるためにポンピングという作業を行ったり
余熱作業が必要だったりして、若干の下準備が必要になります。

ガスストーブの場合は、カートリッジを取り付ければ即使用が出来ます。
また、テント泊がほとんどだったので、テント内出の調理をする際の安全性ということも
選択の要素に含まれていました。

ガソリンや灯油は、炎が落ち着くまで、時には大きく炎が上がることがあります。
この調整には多少、馴れが必要になります。

重量に関しても、ガスストーブはチタン製などの超軽量タイプを選べば
ガソリンや灯油よりも、概ね軽量であり、収納もコンパクトになります。

ガスストーブのデメリットとしては、空きカートリッジが溜まることでしょうか。

総合的に考えると、初心者にとってはガスストーブの方が使いやすいと思います。

ただ、使い込んだ灯油やガソリンのストーブというのも、いいもんです。
メンテナンスを繰り返し、何年も使い込んだ味わいは、そのまま持ち主の山歴をあらわします。
靴でも、ピッケルでもそうですが、山道具には、持ち主とともに成長していく側面があるようです。

年季の入った真鍮製の灯油ストーブを、慣れた手つきで使いこなす様は、実にカッコイイ。
ロマンあふれる山男には、灯油やガソリンストーブは捨てがたい魅力があるのです。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

初めまして、よろしかったら私のブログ見てください 削除

2008/6/9(月) 午後 2:29 [ 織田義正 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事