Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

シリオ 712−GTX イエロー

「四季に渡って、3000m級の山々を楽しめる登山靴」
そんなコンセプトで作られたのが、この「712−GTX」。
夏山から、積雪期のアイゼン着用まで、オールシーズン対応のハードトレッキングブーツです。

日本人の足を徹底的に研究しつくしたシリオ。
用意する足型は3E、3E+、4Eの3種類。
「712−GTX」は3Eのタイプを採用しています。

シリオの3種類の中では、タイトなフィット感をもつ足型と言えます。
とはいえ、他メーカーの一般的な比較で言うと、3Eはむしろ幅広の部類。

靴選びに特に苦労していない方にとっては、3Eでも充分な足幅を感じるはず。
靴の幅が広すぎれば、靴の中で足がずり動き、すぐに靴擦れを起こしてしまいます。

適度なフィット感は、むしろ必要なこと。
自分の足型にあった靴を選ぶことが大切です。

「712−GTX」のアッパー素材には、最高グレードの皮革「ペルワンガー・クロスタ」を採用。
高い耐久性と堅牢性を併せ持ち、ハードな使用においてもしっかりと足を保護してくれます。

「712−GTX」の防水対策も万全。
デュラサーモ・ゴアテックスブーティにより防水性を高め、靴内の蒸れを軽減してくれます。
ゴアテックスメンブレンには、保温素材を圧着し内蔵。
積雪期の使用において、高い保温性を発揮します。

以上のような、機能性の高さに加え、私が一番惹かれるのは実はこのカラーリングだったりする。
シンプルながらビビッドなイエローカラーは実にカッコイイ。
履きこんだときに、どんな色彩に変化していくのか楽しみな一足。

●アッパー:ペルワンガー・クロスタ(2.8mm〜3.0mm)
●インナー:デュラサーモ・ゴアテックスブーティ
●ロングバンパー
●ナイロン+グラスファイバー・インターソール
●ビブラムクルザスソール
●ウエイト(26.0cmの場合):片足約970g
●ソールスタンス:4cm
●きつめのフィット感がお好みの方に対応

関連記事⇒登山靴の選び方

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事