Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ローバー(LOWA) チベットゴアテックスWXL

ドイツの名門ローバーの「バックパッキングシリーズ」のハイエンドモデルが、このチベットゴアテックスWXL。

アッパーには2.6mm良質のヌバックレザーを使用。
ランドラバーは、外部の衝撃から保護し、レザーと傷みを防ぐとともに、剛性のアップにも繋がっています。

内側にはゴアテックスを採用し、高い防水機能を発揮。

足首の高いホールド性能は、足場の不安定なガレ場でも、ふらつきを防ぎ、疲労の軽減につながります。
またカットが高くなるほど、履き口部分が圧迫することがありますが、チベットゴアテックスWXLのアキレス腱部分には、大変ソフトなパットが使用されていますので、圧迫感が少なく、急な登りや下りでも快適に歩行が可能になります。

整地された登山道以外に、ガレ場の歩行が多い方や、重荷を背負う方には特におすすめのモデルです。

残雪や雪渓の歩行で8本爪以下の簡易アイゼンの着用も可能ですが、10本以上のフルサイズアイゼンやワンタッチアイゼンの着用が前提の方は、ワンランク上の「ローバーアルパインシリーズ」からお選びください。

同じ「バックパッキングシリーズ」のテックトレックコアテックス との比較では、アッパーにレザーを採用し、ホールド感が向上。
靴本体の重量はテックトレックコアテックスの740g(片足)に対し、920gと増量。

日帰り登山が中心で、軽快なトレッキングを望むのであれば、テックトレックコアテックスを、ガレ場の歩行や、縦走、テント泊など重荷を背負っての行動が多ければチベットゴアテックスWXLというように、山行目的に応じて選んでみてはいかがでしょうか。

【カラー】SPBK(セピア/ブラック)
【サイズ】6H、7、7H、8、8H(UKサイズ)
6H(24.5cm)、7(25.0cm)、7H(25.5cm)、8(26.0cm)
8H(26.5cm) ※( )内は適合サイズです。
【重量】1840g(両足)/サイズ7.5

関連記事⇒登山靴の選び方

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事