Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ペンドルトン(Pendleton) アウトドアシャツ

夏山でも2000m以上の標高の高い山に登るのなら、私なら100%長袖ウールシャツを持参する。
これはもう、長いあいだ習慣になっています。
昼間Tシャツ姿で、朝晩冷えてくると、ウールシャツを羽織る。

冬山でも必携なのは言うまでもありません。
機能素材のアンダーウェアの上に、ミッドレイヤーとしてウールシャツを重ねます。
その上にはフリースジャケットやセーターといった組み合わせです。
ウールは繊維内に水蒸気を取り込むので、このような中間着としての使用にも大変効果的なんです。

兎に角便利で、圧倒的な信頼を置いているのが、ペンドルトンのウールシャツである。
過酷な使用に耐え、いまだに現役でがんばってくれているペンドルトンのウールシャツとの付き合いは、ほぼ10年。

それでも、一度だって縫製が解けたり、破れたり、スレによる破損だって皆無です。
大変過酷な状況で使い続けているにもかかわらず…。
裁断、縫製といった作りが違うのか、素材の良さなのか、細かいことはわからないが、素晴らしいシャツだということは経験上断言できる。

私がいかにウールシャツにほれ込んでいるかは、関連記事⇒「ペンドルトンのウールシャツ」で、しつこいくらいに書くつづっているので、もうこの辺でやめて起きます。

これから山を始めるすべての人に、ペンドルトンのウールシャツを1枚でいいから持って欲しいと思っています。

パタゴニアのTシャツに、サポートタイツに七部丈のパンツの組み合わせもかっこいいです。
でも、ニッカズボンに、ペンドルトンのチェックのウールシャツという組み合わせも、またカッコイイ!
靴は夏でも重登山靴…渋すぎる。

■素 材:100%バージンウール
■サイズ/サイズ/XS、S、M、L
■カラー:30095レッド・ブラックブッファローブレイド

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事