Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

プロモンテ K−405 4人用 イエロー

プロモンテの居住性、耐久性を重視したドーム型テント。
吊り下げ式で設営もスピーディーに行えます。

プロモンテにはこの「Kシリーズ」とともに、「軽量山岳テントVLシリーズ」がランナップ。
両者の4人用テントK−405とVL-42を比べてみましょう。

K−405は、間口はVL-42と同じく210cmだが、奥行が210cmとVL-42よりプラス30cm。
同じ4人用ながら、K-405は相当に広く感じる。

また、ファブリックはVL-42より耐久性のある厚手の生地を、ポールもVL-42の径9.35mmから11mmと太くなる。

素材の耐久性がアップする分、VL-42に比べ重量は若干増える。
VL-42の2.85kgに対し、K-405は3.76kgと、910gの増。
重量的には許容範囲でしょう。

1Kg未満の重量差であれば、居住空間の広さと耐久性の高いスペックは、充分魅力を感じます。

さらに価格の割安感もK-405の大きな魅力。
両者の価格差は、販売店により異なるので、ここには記載しませんが、結構無視できない金額です。
最下部のリンクから確認してみてください。

尚、冬季にも使用するのならば、ダンロップTOV4 をお薦めします。

プロモンテの4人用テント、K-405とVL-42。
あなたはどちらを選びますか?

ちなみにプロモンテはダンロップの新ブランド。
従来のダンロップブランドと共に、信頼性の高さは折り紙付。

●インナーテント素材:40Dポリエステルリップストップ(通気撥水加工)
●グランドシート素材:70Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)
●フライシート素材:75Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)
●ポールスペック:直径11mm、DAC(グレーアルマイト加工)
●付属品:収納袋、ぺグ、張り網
●サイズ:間口210×奥行210×高105cm
●重量:約3.76kg
●本体収納サイズ:42×12×24cm
●ポール収納サイズ:53×直径8cm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事