Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Alpine Design ツーリングドームNEO

ご存知アメリカ最大級のメガスポーツショップ「スポーツオーソリティ」。
そこで見つけたのが「Alpine Design ツーリングドームNEO」。

2人用テントで、3本ポールのドーム型テント。
重量は3.0kgと若干重め。

テントポールは、安売りテントにありがちなグラスファイバーではなく、耐久性のあるジュラルミンポールを使用しています。

インナーテントには大きく開口部が設けられ、十分な通気性が確保されています。
少人数テントにおいて、通気性は大変重要な課題なので、このデザインは嬉しい。

防水性能を測る、耐水圧も1500mmなら合格点。

ツーリングドームNEOは、名前からしてツーリングテントの分類。
山岳用テントとして、安心して使用するための強度はどうかというと
確認できるスペック表だけでは、正直なところわかりません。

テント強度は生地の材質、縫製方法などによって変わってきます。
安心なのは、やはり登山メーカーのテントということになるでしょう。

ではなぜ、ここで取り上げたのか・・・。
答えはそのプライス!

Gekkoの日々是脱線〜普段着での登山デビュー にも書きましたが、私が登山を始めたときのテントは、そりゃあもう、ひどいモンでした。
それに比べれば (比べるのも失礼な話ですが・・・)、このテントはフルフライ、ジュラルミンポール、耐水圧1500mmとスペック的には合格点である。

この安さは検討の余地あり、と思いここに紹介してみました。
登山用として積極的にお勧めはしませんが、「いいものは高い」という登山用品の定説があるなか、このような選択肢もあっていいでしょう。

最下段のリンクから価格を確認してみてください。

・コンプレッションベルト:フライシートの張りを簡単に調整する。
・フルフライ&レインガードストリング:外からの雨・風の侵入を防ぐ。
・スーパーフライ:ポールやフライシートの接続を容易にする。
・コンプレッションベルト付キャリーケース:コンプレッションベルトでよりコンパクトに収納できる。
■使用時サイズ:約210×150×105(h)cm
■収納時サイズ:約42×15×15(h)cm
■重量:約3.0kg
■耐水圧:1500mm

この記事に

閉じる コメント(2)

僕のマイテントはアライテントのエアライズです!
このテントもとっても使いやすそうですね。
ポチ☆

2008/7/14(月) 午後 9:56 takao 返信する

顔アイコン

エアライズもいいテントですね。私はシェラデザインズのテントですが、ショップ時代にアライテントは何度も設営して、販売しましたよ。

2008/7/14(月) 午後 11:17 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事