Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Black Diamond/ブラックダイヤモンド アルパインCF(ペア)

ブラックダイヤモンド製のトレッキングポール。
上・中・下段すべてのシャフトに、カーボン素材を採用した超軽量モデルです。
軽さとともに、カーボン素材のしなやかさは、衝撃吸収性にも優れている。

レキのトレッキングポールとの大きな違いは、長さ調整時のロックシステム。
レキのスクリュータイプに対し、ブラックダイヤモンドはフリックロックシステム。
ワンタッチでパッチンと固定できる機能は、冬場のグローブをはめているときには分がありそう。
またリストストラップの全周囲には、パッディングが施されているため、フィット感に優れている。

初心者の方に、レキとブラックダイヤモンドとどちらのトレッキングポールをお薦めするか?
永年の信頼度から言えば、レキをお薦めすることになりそうだ。
レキの先端の金属チップのグリップ力は、素晴らしいものがある。
ブラックダイヤモンドの先端のチップは、あいにく私自身試したことが無いので、何とも言えない。

(余談だが、レキのポールにはスリップレスラバーといって、先端のフレックスチップ(金属チップ)に被せるためのラバーキャップが付属している。これはあくまでも保護キャップとして考え、使用においては、通常金属チップのみで使用することをお薦めする。こちらの方が私の経験上、岩などに突く場合でも、グリップ力が高いようである。あくまでも個人的な考えであるが・・・)

それでも、レキではなく、ブラックダイヤモンドを選ぶ人は、少なくないだろう。
特に、クライマーにとって、ブラックダイヤモンドというブランド力は相当なモンである。
クライミングギアを中心に、非常に高い信頼度を寄せている。

私の愛用のトレッキングポールは2本ともレキのものだが、これは私が購入した当時は、まだブラックダイヤモンドのトレッキングポールは、ほとんど発売していなかったからだ。
スノー用のストックくらいしか、少なくとも国内では発売されていなかった。

当時ブラックダイヤモンドからも、今のようにトレッキングポールが豊富なラインナップで発売されていたとしたら、少なくとも1本は、ブラックダイヤモンド製を購入したと思います。

キャメロットやATCをガチャガチャ言わせているクライマーはもちろんのこと、一般登山者の中にも、ブラックダイヤモンドというだけで「カッコイイ」というイメージを持つ人は少なくないはずである。

私もその一人である。
さらに掘り下げて考えれば、輸入発売元のロストアローに対する信頼度に通じるのかもしれない。

●サイズ/収納時/62.5cm 使用時/62.5-130cm
●重量/249g(1本)
●マテリアル/カーボンシャフト
●調整システム/フリックロックアジャストシステム
●2本セット

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事