Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ドイター フューチュラ 32 32+4L

100年以上の歴史を持つドイツのブランド「ドイター」の中型ザック「フューチュラ」。
ドイターのザックの特徴は、通気性を重視した背面構造にあります。
目的、容量などに合わせ、モデルごとに最適な通気が確保し、無駄な発汗を抑えます。

この「ドイター フューチュラ32」はアーチ状の金属フレームを支えとした、メッシュパネルを採用。
通常背中がべったりと密着する部分を、メッシュパネルで支えてくれるため、常時通気性が確保されます。

このシステムは、繊維製品の検査機関として国際的に知られるドイツのホーエンシュタイン研究所の調査では、発汗を最大25%程度抑制することが確認されています。

発汗の抑制は、心拍数と血圧の上昇を抑え、疲労の軽減にもつながります。
体力に自信のない方にとっては実にありがたいシステムです。

特にサマーシーズンの登山においては、体力だけでなく、快適性においても、背面構造は重要なチェックポイント。

誰にも経験があると思いますが、背中が汗でベタベタなのは実に不快なもんです。
休憩でザックを下ろした途端、濡れた背中がヒヤーッとする感じ、ありますよね。
フューチュラのエアコンフォートシステムは、そんな不快感から開放してくれます。
行動中でも常時、背面には通気性が確保されているわけですから。

尚構造上、重量の支えは背面の上部と下部に集中するため、重い荷物には不向きです。
日帰り登山などで、比較的軽量での山行に適したザックといえるでしょう。

●素材:Deuterマイクロリップナイロン210D、スーパーポリテックス600D
●サイズ:H64×W34×D24cm
●重量:1620g
●容量:32+4リットル
●装備:ヒップベルトパット、レインカバー内蔵、H20システム、SOSラベル、フロントジップ&サイドメッシュ&サイドベロウズポケット、チェストストラップ、2気室
●その他装備:プルフォワードウエストベルト、ハイキングポールループ
●ドイターエアコンフォートフューチュラシステム採用

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事