Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MSR シマーライト

MSR液体燃料ストーブの最軽量モデル「シマーライト」。
ポンプを含めた重量がわずか240gと、ウィスパーライトよりさらに軽量です。

ガソリンストーブでは登山者に絶対的信頼を得ているMSRだけに、種類も豊富。
どれを選んだらよいか、迷う方もいると思います。

「MSRが欲しい、そして1番軽いガソリンストーブが欲しい」そんな方は「シマーライト」で決まり。
ここは迷わずに決めてしまってよいでしょう。

使用方法は基本的に他のモデルと変わりません。
初心者の方のために、使用方法を簡単におさらいしておきます。

■MSR専用燃料ボトルに燃料を入れます
燃料ボトルにホワイトガソリンを入れます。燃料は「満タンライン」以上入れないように注意。それ以上入れてしまうと、ポンピングで圧がかからなくなり、異常燃焼の原因になりますので絶対入れすぎないように。

■ポンピング
ポンプ(蓋)をセットし、コントロールバルブが閉まっていることを確認して、ポンピングします。圧が高まってくると抵抗を感じるようになりますので、それくらいまで繰り返します(20〜30回位)。

■本体と燃料ボトルを連結
ストーブ本体のゴトクを開いてセットし、燃料ボトルと連結します。

■プレヒート用の燃料
コントロールバルブを開き、燃料が少し染み出るようにして、バーナーヘッド全体が濡れる程度に流し込み、再度バルブを閉めます。

■プレヒート
染み出した燃料に点火し、燃え尽きるまでそのまま待機します(プレヒート)。

■再点火
燃え尽きたら、温度が下がるのを待ち、再点火します。

■安定化へ
コントロールバルブを調整しつつ、火が落ち着くのを待ちます。青い炎で「ゴーっ」と音をたて始めればOK。
以上がおおまかな使用方法です。
詳細は添付の取説で確認するようにしてください。

「シマーライト」に限らずホワイトガソリンストーブに共通して言えることですが、使用のポイントはプレヒートと、その後の火を安定させるところ。
このあたりは、数をこなすことで「コツ」を掴んでいくしかありません。

プレヒート用の燃料を出しすぎたり、炎が上がりすぎたりすると焦ってしまうので注意してください。
慣れてくると、炎を安定させるまでの時間も短くなります。
初心者と同行する場合は、この作業を手際よく進めると、尊敬のまなざしに変わるかも?

■ホワイトガソリンのみ使用可能
■最高出力 約2,142Kcal/h
■本体+ポンプの重量:240g
■総重量:346g

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

はじめまして、今
ブログの勉強してます。

いろいろな方のブログを参考にさせて頂いてます。 削除

2008/7/24(木) 午後 10:48 [ たか ] 返信する

勉強になりました!
ありがとうございます♪
ポチ!

2008/7/24(木) 午後 11:13 takao 返信する

顔アイコン

こちらこそ、いつもありがとうございます。

2008/7/24(木) 午後 11:33 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事