Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

'''オスプレー バリアント28 (variant28) '''

オスプレーからアルピニストのためのテクニカルパック
「バリアント」シリーズが新登場。

52L、37L、28Lの3種類のラインナップのうち、バリアント28は最も容量の少ないタイプ。

本体正面にはアイスツール専用のアタッチメントを装備。
確実に固定し、なおかつ容易に着脱が可能なシステム。

サイドのコンプレッションベルトも、ボトム部分を重点的に圧縮できる機能を持ち
内容量の変化にバランスよく対応することが出来ます。
ワンドポケットととの併用で、テントポールやトレッキングポールの収納にも便利です。

その他荷揚げ用ループ、雨蓋下のロープ固定用ストラップ、ヒップベルトのギアループなど、クライマーのたに必要充分な装備を備えています。

背面には通気層を作り、蒸れの軽減を図る、サーモフォームバックパネルを採用。
ヒップベルト、ショルダーベルトは、敢えて薄くシンプルにデザインされています。

そもそもヒップベルトなどは、パッドが厚すぎるとかえって、ずれやすくなることも。
私は適度に薄めのものの方がフィット感も良く、好きなのでバリアントは申し分ないデザイン。

更なる軽量化を計りたい場合は、雨蓋、背面フレーム、ヒップパッドの取り外しも可能です。

昨今良く目に付く、ウケ狙いの過剰装備ザックとは異なり、
必要な装備をプラスして、贅肉をとことん削ぎ落とした「超筋肉質」のザックが、このオスプレーバリアントシリーズ。

プロガイドが好んで使いそうなザックですね。
中級以上のトレッカーやクライマーにお薦めしたい逸品。

アイスクライマーや山スキーヤー、テレマーカーにはさらに強くお薦め!
見た目も相当カッコ良く、素人っぽくないところがいい!

こういうザックをサイドコンプレッショんを利かせて、
クシャクシャ的に使うのが、一番カッコイイのです。

{{{:
●背面:サーモフォームバックパネル
●生地:マトリックス420Dナイロン、 315Dハイテナシティーナイロン
●サイズ:M(第7頸椎骨〜腰骨最上部 45.7〜52.1cm以下)
●容量:28リットル
●重量:1.08リットル
}}}

'''オスプレーパックを通販で購入する際の注意'''
オスプレーパックを通販で購入する際は、自分の体型(背面長)が適合するか確認するようにしましょう。計測部位は、首の後ろの一番飛び出している骨(第七頚骨)から、腰骨の上端までの長さを背骨の曲線に沿わせるようにして計測してください。計測したあなたの背面長が、オスプレーの適合サイズの範囲内出るかチェックします。詳細は下記リンク先の販売ページで確認してください。

関連記事⇒[http://blogs.yahoo.co.jp/fs_bone/10264080.html/ 登山用ザックの選び方]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事