Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MSR ドラゴンテイル

MSR社の2人用エクスペディションテント「ドラゴンテイル」。
トンネル型のユニークなデザインのシングルウォールテント。

かまぼこのような形は、底面積に対して居住空間がとても広い。
また、強風や積雪に対しても強い設計になっています。

馴染みの無い形ですが、設営手順はいたって簡単。

4隅にペグを打ち、メインポール3本をスリーブに通します。
前室部分を引っ張りテント本体を立ち上げます。
ぴんと張り詰めるまで、引っ張りペグで固定します。

これで完了。
フライを使用しないシングル構造なので、設営は一人でも簡単です。

シングルウォールテントで、自立式でないので強度は大丈夫なのか?
若干心配にもなりますが、MSRのテントラインアップにおいてこのドラゴンテイルは、
最も過酷なエクスペディションテントとして、位置付けされています。

悪条件科での使用を前提に設計されているので、
フライ無しでもオールシーズン対応。

私Gekkoは、登山において、自立式ではないテントを結構使ってきた。
なので、このテントは非常に興味深い。

かまぼこ型の空間は、テントにありがちな圧迫感をかなり解消してくれそう。
また、前室の広さも魅力。

積雪期には、ここにピッケル、アイゼンなどをおいて置く事が出来る。
結露を減らすため、入り口のジッパー開けて調理をすることも。

前室エリアは、実際のテント泊の際、相当に役に立つ空間なのである。

MSRのエクスペディションテントは「ドラゴンテイル」に限らず、決して安くは無い。
それでも買いたくなる大きな魅力を持ったテントと言える。

【生地】本体:40Dナイロン・リップストップ、ポリウレタン、シリコンコーティング、20Dナイロン・メッシュ/フロア:40Dナイロン・リップストップ、耐水圧10000mmポリウレタン・コーティング
【定員/ドアの数】2名/ドアの数:1
【重量】最小重量:1.99kg/総重量:2.42kg(総重量には購入時の付属品がすべて含まれます)
【フロア+前室面積】2.8+1.3平米
【室内最大高】104cm
【収納サイズ】51×17cm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事