Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

オスプレー ケストレル38

ケストレル48をコンパクトにしたモデル。
日帰り登山から小屋泊まりまで、広い用途で使用可出来る容量です。

普段、日帰り登山に18〜20Lを使用している人には、容量が大きすぎると思われるかもしれませんが、私は全く問題なく日帰り用に使います。やや容量の大き目のものを、余裕分をストラップで絞り込んで、薄くして使うというのがGekko流。

ケストレルのセールスポイントは実に多いので、箇条書きにしてみましょう。

・背負い感を決定付ける背面長の調整は、ベルクロをはがすだけで簡単に無段階調整が可能。
・荷物の出し入れが楽に出来るよう、本体下部にアクセスジッパーを装備。
・ザックを背負ったまま簡単に固定できるトレッキングポールホルダー。
・サイドの大きなジッパーポケット、ボトム付近にストレッチポケット。
・ヒップベルトの両サイドにジッパーポケットを装備。
・アイスツールのためのループ、固定するためのバンジーコードを装備し。
・正面下部のジッパーポケットにはレインカバーを標準装備。容易に出し入れが可能。
・背面パネルにエアスケープバックパネルを採用。無数の突起のあるフォームパッドをメッシュで覆う独自構造により高い通気性を確保。

どうですか?かなりのすぐれものでしょう。
特に汗をかきやすい方にとっては、ケストレルの背面構造は抜群。
もうべたつきで不快に思うことは無いでしょう。

素  材: 420Dナイロンパッククロス/210D×330Dナイロンシャドウボックス
背  面: スプリングスチールベリフェラルロッドフレーム
エアスケープサスペンション、背面無段階調節機構
サ イ ズ: S/M(第7頸椎骨〜腰骨最上部 48.3cm以下)
M/L(第7頸椎骨〜腰骨最上部 48.3cm以上)

容  量: S/M=36リットル、M/L=38リットル
重  量: S/M=1,390g、M/L=1,450g

オスプレーパックを通販で購入する際の注意
オスプレーパックを通販で購入する際は、自分の体型(背面長)が適合するか確認するようにしましょう。計測部位は、首の後ろの一番飛び出している骨(第七頚骨)から、腰骨の上端までの長さを背骨の曲線に沿わせるようにして計測してください。計測したあなたの背面長が、オスプレーの適合サイズの範囲内出るかチェックします。詳細は下記リンク先の販売ページで確認してください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事