Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

レザーマン Skeletool(スケルツール)

登山にナイフを持参する人は多いと思います。
私はレザーマンの「ポケットサバイバルツール」をよく持参していました。
しかし出番と言えば、プライヤーを鍋つかみに使っていたくらいです。

一度、なんでもない山で道に迷ってしまい、夜明け待ちしたことがあります。
このとき暖を採るため木の枝を刻み、火を起こしたときに活躍しました。
このときは、持っていてよかったなあとしみじみ思ったもんです。

プライヤー付ツールナイフで群を抜いて使いやすいのがレザーマンでしょう。
このスケルツールは、フルサイズで重量わずか142g軽量モデル。
ステンレス製ナイフ、プライヤー、ビットドライバー、カラビナ(栓抜き兼用)を装備。

ロープの切断などや、アイゼンの修理といった非常事態にあると安心です。
登山にはビクトリノックスを持っていく人が多いと思いますが、レザーマンの選択肢もありだと思います。
プライヤーはいざというとき活躍するのです。
鍋が熱いときとか・・・

●機能:ステンレス製ナイフ、プライヤー、ビットドライバー、カラビナ(栓抜き兼用)
●全長:10cm(プライヤー収納時)
●重さ:142g
●材質:ステンレススチール、420HC
●付属ビット:プラスドライバー(#1+#2)、マイナスドライバー(3/16”+1/4”)
●ナイロンシース付
●【日本正規輸入商品】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事