Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

アライテント ベーシックドーム4 3人用(最大4人)

ポール2本をクロスさせた、シンプル構造のドーム型テント。
ポールスリーブに2本のポールを通すだけで、設営は実にスピーディー。

ベーシックドームの特徴は、通常のジッパー開閉の入り口と
吹流し式の入り口の二つを装備していること。

通常はジッパー式、積雪期には吹流しを使うことが出来る。
オールシーズン山へ入る人にとっては、とても嬉しい装備。

また複数で使用するときに、入り口が二つあるというだけでも便利なもので
夜間就寝中にトイレに立つときなど、スムーズな出入りが可能になります。

厳冬期から、キャンプまで対応できるすぐれもののテントです。
強度アップのためのインナーフレームや、冬季用外張りも別売りで用意されています。
悪条件の冬山などには、必要に応じて追加したい。

ベーシックドーム4は、一応メーカー表示は「3人用(最大4人用)」という表示になっている。
ならばベーシックドーム3にすればよいと思うのだが。

実は、ベーシックドーム4のサイズは、200x210cmと4人用としても全く問題は無い。
登山テントの定番ダンロップの4人用「V-4」と比較してみよう。

ダンロップ「V-4」間口210×奥行180cm高さ115cm
アライテントベーシックドーム4間口200×奥行210cm高さ120cm

3人用としている「ベーシックドーム4」の方が大きいのである。

それぞれメーカーの考え方があるので、何が正しいとは言えないが
テントを選ぶ際は、単純にメーカーの人数表示だけでなく、実寸をチェックする事が大事ということがよく分かります。

サイズ:設営時/間口200x奥行210x高さ120cm 収納時/本体44x17cm フレーム50cm
重量:3600g(本体+フレーム+フライシート)
カラー:本体/イエロー  フライ/オリーブ
素材:本体/70dnリップストップナイロン フライ/70dnリップストップナイロンPUコーティング シート/ナイロンタフタ フレーム/#7001ジュラルミン直径11

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事