Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

グラナイトギア ヴェイパートレイル58L

登山装備選択において、重要事項の一つに重量がある。
冬山装備となれば、30kgオーバーも珍しくない。
トレーニングと「馴れ」によって不思議と背負い歩き続けることが出来る。

それにしても重量は1gでも少なくしたいのが、登山者万人の望みでもある。
だからこそ、高価でもチタン製コッヘルや軽量ストーブが人気だったりする。
これらの品は数十グラムの戦いでもある。

一度、重荷の辛さに負けた山行を経験すると、
次の時には、神経質なほど軽量化を計るときがある。
食料の外箱はすべて捨てて、中身だけにしたりと、
涙ぐましい努力の積み重ねで勝ち取る数グラム…

そんな超軽量主義の登山者に一押しのブランドが「グラナイトギア」だ。
各容量がラインナップされているが、ここで紹介するのは58Lの大型ザック。
このクラス、通常自重2kgオーバーも珍しくない。

例えば、シンプルなモンベルのシンプルな大型ザック「アルパインパック60」で1.86kg。
また軽量化を謳い文句に開発された「バーサライト パック 50」でも1.08kg。

このグラナイトギアの58Lモデル「ヴェイパートレイル」はなんと900g。
つまりザックをこのベイパートレイルに変えるだけで、
場合によっては1kg近くの軽量化を行うことが可能なのです。

それでいて、背負い感をないがしろにしているわけでもない。
ヴェイパートレイルには背面に専用サスペンション、パッド入りのウェストベルトを採用。
荷重を背中から腰へと分散される設計になっている。

ここまで軽量化を計るにはいくつかの快適性を犠牲にもしているだろう。
しかしながら、約1kgの減量は確かに魅力でもある。
徹底した軽量化にこだわる方には、最良の選択かもしれない。 

容量:58リットル 
重量:900g 
背面システム:ヴェイパーサスペンション 
ウエストベルト:ウルトラライト 
コンフォートレンジ:〜14kg

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事