Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

カジタックス(KAJITAX) LXT12

特殊ニッケルクローム鋼素材のカジタックスのフルバンドタイプアイゼン。
薄手鋼材と高剛性構造の採用で、強度を低下させることなく、大幅な軽量化とコストダウンを実現しています。

仕様はフルワンタッチタイプののLXF12、セミワンタッチタイプのLXB12と同様。
使用する靴のタイプに適した方式のものを選びましょう。

LXT12のフルバンドタイプは3タイプのうちでは一番装着時間がかかります。
しかし外れることが無いので、安心感は高いと言えるでしょう。
前後にコバが張り出していない靴の場合はこちらのバンドタイプを選びます。

また、フルバンドタイプならどんな靴でも装着できると言うわけでもありません。
ある程度アッパー部分のしっかりした靴であることが必要です。
バンドをきっちり締め上げた時に、足自体を圧迫するような靴は、アイゼン装着にむきません。
決行が悪くなり、凍傷にかかる危険性があります。
そもそも冬山登山に適した靴なのか、確認が必要です。

アイゼン一般の注意点として
アイゼンは購入後に自分の靴にサイズを合わすためのアジャスト機構があります。
実際に装着してみて、適切なサイズに合わせておきます。
サイズ固定部分がネジ止めの場合緩んでいないか確認する癖をつけましょう。
ここが緩んでしまうと、当然アイゼンが外れてしまいます。

また、サイズ調節が板バネ式の場合は固定するピンが充分な長さがあるか確認すると良いでしょう。
固定ピンが浅いと行動時に外れてしまうことがありますので注意が必要です。
これは私自身が経験したことでして、何度かピンが抜けて外れてしまいました。
しょうがないので、ビニールテープで板バネ部分が浮かないようぐるぐる巻きにしたことがあります。



●重量:830g ●アンチスノープレート、ケース付

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事