Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ザ・ノースフェイス マウンテンジャケット

冬山登山のジャケットに求められるものは防風性、防水性、耐久性。
それに加えて、動きやすさも付け加えられるでしょう。

防風性は叩きつける吹雪のなかでも、風を寄せ付けない機能で、保温性にもつながります。
風を完全シャットアウトする生地であることは言うまでも無く、袖口、襟、フードの形状も重要。
風で煽られないしっかり固定できるタイプが安心です。
フードは、固定した状態でも広い視界を確保できることも条件。

防水性には防水透湿素材ゴアテックスを採用しているモデルがお薦め。
他の防水透湿素材に比べ、割高ですが、やはり機能はNo.1です。
防水性はもとより、透湿性能において、抜きん出た実力を発揮します。
つまり、蒸れにくいということです。

また、縫い目に防水用の目止め処理をしてあることも絶対条件。
防水生地であっても、縫い目に処理を施していなければ、確実に水が浸入してきます。
ファスナー部分のフラップの形状も大切。
水が浸入しにくいようなダブルフラップのものが良いでしょう。

耐久性はメイン素材に耐久性のある生地を使用していること。
あまり軽量コンパクトを優先すると、強度が犠牲になることもあるので注意です。
冬山登山の場合のメインジャケットは、行動中は絶えず着用しているので
基本的に軽量コンパクト製よりも、強度や、しなやかさを優先した方がいいと思います。

行動のしやすさを左右するのは、全体のシルエット。
中間着を着込むことを想定して、ある程度ゆったりしたものがいいでしょう。
また、激しく動かす肩周りは特に重要。
肩から肘にかけては伸縮性をもったストレッチゴアテックス採用モデルならば、
行動を抑制することなく、自在に動き回れます。

これらの厳しい条件をすべてクリアしているのが、
そうです「ザ・ノースフェイス マウンテンジャケット」。
冬山の厳しい環境で使用するもの、ジャケットは妥協したくないアイテムです。
バランスのとれた仕様は、長年使い続けても飽きることなく、冬山縦走からトレッキングまでオールラウンドに使いこなせます。

●重量:820g
●カラー:アネモネグリーン(AN)
●サイズ(cm):身長 M=165〜175、L=170〜180、XL=175〜185 チェスト M=88〜96、L=92〜100、XL=96〜104
●素材:NylonTaffetaGORE-TEX®Proshell®(3層)×StretchNylonGORE-TEX®Proshell®DURAPLUS(3層)(表:ナイロン100%、中間層:フッソ皮膜、裏:ナイロン100%) <裏地>NylonTaffeta×FieldSensorMesh(ナイロン100%×ポリエステル100%)
●機能:完全シームシーリング加工/ワンハンドアジャスター対応/チンフラップ仕様/フロントダブルフラップ仕様/ZIP IN ZIPシステム対応/50洗80点撥水加工/脇ベンチレーション対応/Fog Vent仕様/デタッチャブルスノーカフ/内ポケット対応/フロントフラップ・フラットベルクロ仕様/袖口・フラットベルクロ仕様/TINY TAPE(13mm シームテープ)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事