Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

モンベル ジュピタードーム 2型 イエロー×サンセットオレンジ(YL/SO)

国内アウトドアブランドのトップメーカー、モンベルの積雪期用テント「ジュピタードーム」。
本気で冬山に挑むのならば、それ専用のタフなモデルが良いのは言うまでもありませn。
では一般的なオールシーズンモデルと比べ、何が違うのか?

強風や猛吹雪の中でも安心できる居住空間を確保するための強度。
強風でテントが破損すれば、場合によっては命にかかわることもあります。
実際私自身、テントを強風で全損させた経験があります。
また、正月の蝶ヶ岳では強度の高さで知られる、某メーカーのテントが崩壊した現場にも居合わせました。

オールシーズンモデルで冬山対応が無理かと言えば、そうは言いません。
私もオールシーズンモデルで1年通している口です。
でも使用できる条件を考える必要があります。
季節、山容、エリアなどによって、判断するべきでしょう。

私はシェラデザインズのオールシーズンテントをもっぱっら使用しています。
強度的には、心配したことはありません。
一番困ったことは吹雪の時、フライシートの問題です。

オールシーズン用のフライシートの下部の隙間から、大量に雪が侵入してきます。
本体とフライの間にずんずん詰まってきては、本体をつぶしはじめるんです。
一応、雪囲いを作った状態でもこのざまでした。

吹雪や豪雪に弱いのはわかっていたので、私の積雪期の山行は
「やばそうになったら、逃げる」というのが基本スタイルです。
最も指標にしていたのは気圧計です。
急激に気圧が下がり始めると、例えテントを設営したあとでも、あわてて身支度をして
脱兎のごとく下山をはじめます。
下山が困難な場合は、樹林帯に逃げ込みます。

言い換えれば、私の場合、単独での積雪期登山では
「いざとなったら、逃げることが出来る山」を選んで登っていました。

いささか話が横道にそれたので、テントに戻しましょう。

厳しい積雪期の環境を考えて、デザインされたのがこのジュピタードームテント。
軽量化を計りながら、高い強度を誇る冬山対応テントです。

テントポールには、超軽量ながら弾性力の高い7001アルミ合金ポールを採用。
強風で煽られても、元に戻る力に優れた高性能ポールです。

加えて、強度アップに貢献するのが、本体とポールを接続するツイストクリップフック。
本体とポールをしっかりと固定し、強風や積雪の重みによるテントの変形を最小限に押さえ、横ブレなども低減してくれます。

ジュピタードームシリーズの大きな特徴は、スノーフライを標準装備していること。
スノーフライとは冬用の外張りのことで、雪の侵入を防ぐスカート状の形状や吹流し式の出入り口などが共通する特徴です。

吹雪、豪雪地帯などでの幕営にはスノーフライが不可欠でしょう。
スノーフライは単体で購入すると結構いいお値段するので、本格的に冬山にチャレンジしたいという方には、このスノーフライモデルは特にお薦めだと思います。

ちなみにスノーフライというのは通気性を確保するため、防水ではありません。
オールシーズンお使いになる場合は、別売りでレインフライを購入できます。

最後にもうひとつ、ジュピタードームのセールスポイントを。
このスノーフライのカラーリングはいい。
目にまぶしいほどの、レッド&イエローのカラーは、吹雪の中でも迷うことなくテントへ導いてくれることでしょう。

積雪期テントをお探しの方は、是非検討してみてください。
ここで紹介したのは2型ですが、3型、4型、6型と各種ラインナップが用意されています。
最下段のリンクから他のモデルも確認することが出来ます。

■テント本体:40デニール・ナイロン・リップストップ(通気撥水加工)
■スノーフライ:40デニール・ポリエステル・リップストップ(通気撥水加工)
■グラウンドシート:70デニール・ナイロン・タフタ(耐水圧2,000mmウレタン・コーティング)
■ポール:フェザーライトポール
■本体重量:2.52kg(2.77kg)※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
■カラー:イエロー×サンセットオレンジ(YL/SO)
■特徴:耐風性・保温性に優れたドーム型■難燃性にも優れる
■構成:テント本体1、フライシート1、本体ポール3本、張り綱4本、ペグ15本、ポール応急補修用パイプ1本

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事