Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ザ・ノースフェイス AMA DABLAM GTX グローブ

私Gekkoは冬山登山の際、手袋は最低2種類持参します。
ひとつは当然のことながら防寒性能の高いもの。
もうひとつは、薄手の手袋。

行動中は冬でも結構暑く感じる時があります。
そんなときは薄手の手袋を使用します。
両手から熱を放出できるタイプのものが欲しくなるんです。

シェルの無いシンプルなウールのものが便利ですね。
ウールは濡れても保温性を維持することが出来るので
雪などで濡らしてしまっても、ごまかし使い続けることが出来ます。

また、手にフィットしたタイプのゴアテックスグローブもなかなか使えます。
このタイプのもので、私が愛用しているのはイスカのレイングローブ。
これはシェルのみで中綿が無いので、体が火照っているときは実に都合が良い。
収納も嵩張らないので、ザックのポケットに放り込んでおくことが多いです。

このような薄手のタイプとはべつに、
メインの手袋は徹底的に保温性の高いものを持参します。
外側のシェルと内側のインナーグローブに分かれているものが使い勝手がよくおすすめ。

そして、とても重要な部分は外側のシェルグローブが完全防水であること。
防水機能が無いと、絶えず雪に触れるような雪中行動では使い物になりません。

また、防水透湿素材を使用しているものでも、
目止め処理がされていないものも多くあるので注意しましょう。
言うまでも無く、目止め処理された完全防水のものが断然お薦めです。

代表的な防水透湿素材ゴアテックスモデルのグローブでも
目止め処理のしていないものもあるので、購入の際は気をつけてください。
例えゴアテックスでも、目止め処理をしていないものは完全防水ではありません。

厳寒の冬山、そんなシビアな環境に対応する信頼度の高いグローブが
ザ・ノースフェイス AMA DABLAM GTXグローブ。

ザ・ノースフェイスのグローブラインナップ中、最も保温性の高いモデルになります。
完全防水のゴアテックスがインサートされ、防水性と透湿性を併せ持つシェルグローブに
保温性の高い光電子プリマロフト入りのインナーグローブの組み合わせ。
このインナーグローブは単体でも使用可能なので、温度調整にも便利です。

シェルの甲の部分には軽量で上部なリップストップナイロン。
手のひら側には、ストックやピッケルをを握りやすい天然皮革を使っています。

ミトンのように長めのデザインは、
袖口もしっかりとカバーし雪の侵入を防いでくれます。

ゴアテックスインサートのグローブは決して安くはありませんが
厳しい環境下であれば、あるほど、快適性は雲泥の差です。
ここは妥協せずに、ゴアテックスタイプを選んでおきましょう。

サイズは各サイズ用意されていますので、リンク先のサイズ表を参照してください。

【カラー】ブラック
【サイズ】XS、M、L、XL
【マテリアル】表/Nylon Ripstop GORE TEX fabrics(3層)(ナイロン100%)、平/天然皮革(Pittards)、人工皮革、
インナーグローブ/PERTEX ENDURANCE(ナイロン100%)、光電子 Primaloft(ポリエステル100%)、インサート/GORE-TEXインサート

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事