Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

OSPREY【オスプレー】 ミュータント38 (インフェルノ)

「登山用ザックのお奨めブランドは?」

そう質問されたら、私はオスプレーと答えるでしょう。
マムートなんかも好きなブランドではありますが、
1ブランドといわれるとオスプレーに軍配は上がりますね。

特にオスプレーのニューモデル群は、本当に素晴らしいです。
数年前に流行った、デコトラ的過剰装備のザックとは一線を画す
必要な装備を選びぬき、不要なものを排除した究極のザックがずらりと登場しました。

使いやすさを最優先に考え、オスプレーのこだわりが随所に見え隠れしているんです。
別に隠れなくても良いのですが、目に付かない部分に素晴らしい機能が結構あったりするので、オスプレーのユーザーは店頭買いなら、しっかり店員の説明を受け、通販なら、詳細な取り扱い説明があるショップで購入するようにしてくださいね。

ちなみに下記記載リンクから確認できるサイトでは、
写真入で詳細に説明がされているので、とても参考になります。

さて、今回紹介の「ミュータント38」は2009年春モデルとして登場。
先回、画期的な高機能軽量ザックとして登場したバリアントシリーズのうち、
ほぼ同サイズのバリアント37より、更に軽量に設計されています。

使い勝手のよさはバリアントに勝るとも劣らないといえるでしょう。

ザックを購入する時に非常に重要なポイントのひとつとして
コンプレッション性能があります。

内容量の変化に対応できるようにベルトなどで収縮させる機能ですね。
内容量にかかわらず荷物が背中近くで均等に背負うためのものです。
私は背負っている時に荷物が内部で動くのが嫌いなので、かなり気にする部分です。

ミュータントの場合はZ型のコンプレッションベルトを両サイドに装備。
Z型のデザインによって、上から下まで均等に圧縮することが出来るんです。

また雨蓋は上下にスライドすることで増量にも対応できます。
より軽量化を図る際は、取り外して使用することも可能。

次に、アイスクライミングや、ミックスクライミングなどをステージに活躍する
クライマーのために嬉しい機能を紹介しましょう。

クライミングハーネスを装着するような場面では
ザックのウエストベルトが邪魔になります。
こんなときは、ウエストベルトを背面にぐるりと回し、固定することが出来ます。

ギア類の収納関連。
ピッケル、アイスツールを固定するための専用アタッチメントがふたつ。
ギア装着時に、鋭いピックで生地を傷めないように保護パッチで補強済み。

ハーケンやナチュプロ、アイススクリューなどのギア類は
ウエストベルトに装備したラッキングループが便利。
小さなループが連結したデザインで、通常のギアループに比べ、
無駄な動きを防ぐ効果があるすぐれものです。

内蔵の背面マットも、使い道があります。
取り外し可能なのでビバークマットとして使用可能なんです。
結構隠れたところに高機能があるでしょ?

ミュータント38は、至れり尽くせりの機能が満載の素晴らしいザックです。
クライミングから縦走まで、使いやすさを是非堪能してください。

カラーは写真の黒と赤のツートンの「インフェルノ」の他に
ブラックツートンのカラーもあります。
これもなかなか渋くていいですよ!

●背面:サーモフォームバックパネル
●生地:アーマーライト420Dナイロン、アーマーガード900D
●サイズ:M(第7頸椎骨〜腰骨最上部 45.7〜52.1cm以下)
●容量:38リットル
●重量:1.28kg
●カラー:インフェルノ

オスプレーパックを通販で購入する際の注意
オスプレーパックを通販で購入する際は、自分の体型(背面長)が適合するか確認するようにしましょう。計測部位は、首の後ろの一番飛び出している骨(第七頚骨)から、腰骨の上端までの長さを背骨の曲線に沿わせるようにして計測してください。計測したあなたの背面長が、オスプレーの適合サイズの範囲内出るかチェックします。詳細は下記リンク先の販売ページで確認してください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事