Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スカルパ サミットGTX

厳冬期の極寒のなかで使用する登山靴選びは真剣。
凍傷にかかりやすいのも足先です。
登山用具の中で最も重要なアイテムといっても過言ではありません。

また、一度購入したら、一生使い続けることも珍しくありません。
それこそ、10年も20年も使い続けることになるかもしれないので
そりゃ真剣になりますね。

厳冬期の信頼感からすると、やっぱりプラブーツ?

私Gekkoは正直なところ、プラブーツが本当に良いのかわかりません。
私自身はレザー派で、厳冬期の登山靴はドイツのローバー社のものを愛用しています。

レザーですが、モチロンガッチガチです。
ワンタッチアイゼンだって問題なく使用できます。

プラブーツに話を戻しますね。
実はレザー派の私はプラブーツを実践で使用したことが無いので
登山ショップ店長時代は、イマイチ魅力が理解できていません。

それでもプラブーツをお買い求めになるお客様は少なくなく
自分なりにいろいろ調べてみるわけですが、やはり使用していないものは
魅力を伝えにくいのですね。

それで、日本でも指折の登山靴の取り扱いメーカー数社にいろいろ聞きまくっていました。
しかし、これがまた人によって、言うことが違うんです。

「プラブーツの最大の魅力は何でしょうか?」
「一言で言えば、暖かいことでしょうか」

こんな答えが返り、ああなるほど、そんなものなのか・・・
納得しつつ、別のメーカーに問い合わせると

「プラブーツでも厳冬期にロープ確保している時などは、凍りつくように冷たくなりますよ」

そんな答えも返ってくる。

正直なところ、納得いく答えを得ることは出来ず
私自身、「う〜む」と唸りつつ、プラブーツの接客をしていました。
そして、最終的には、自分の好きなレザーをお勧めしてしまうことも少なくありませんでした。

最近のレザータイプは、大変高機能になってきています。
今でも私はプラブーツよりレザーが好きです。

私がプラを敬遠する一番の理由を、ずばり言ってしまいましょう。
それは「寿命」が短いからです。

先ほど言った様に、冬用登山靴は「一生もの」と思っています。
しかし、それはプラブーツには該当しません。

レザーブーツは履きこむほどに愛着がわき、足になじみます。
冬を10回ほど迎えると、ようやくしっくり感がでてきます。
つまり、成長するんですね。

プラブーツは言ってみれば、購入時がベストの状態。
あとはひたすら劣化の一途を辿ります。

これはブランド問わず、プラスチックの特性によるもので
避けることは出来ないんですね。

加水分解といって、プラは空気、水、陽ざしなどによって劣化が進みます。
そしてある時、寿命が来るわけです。
予兆なく、ばらばらに砕けることだってあります。

10年、20年と持ち続けるプラブーツもあるでしょう。
でもその危険をはらみ、極限の登山に向かうことに私は抵抗があるのです。
このことが私をプラブーツに向かわせない最大の理由です。

寿命年月は使用方法などによってまちまちで
はっきり述べることが出来ませんが、このプラの特質は覚えておかなければなりません。

靴選びはとても重要ですので
出来るだけ、情報を集めることが大切だと思います。

厳冬期対応のレザーブーツをひとつご紹介します。
スカルパのサミットGTX。
特徴は非常に高い防水性と保温性。
3000m級の極寒の高所登山にも対応します。

余談ですが、スカルパはもともとスカルパジャポネという会社が
日本の輸入販売元だったのですが、
数年前からロストアローが仕切ることになりました。

当時、スカルパジャポネの社員は憤懣やるかたない思いを
とうとうと語っていたことを思い出します。

しかし結果的には「登山のプロ集団」ロストアローの手に移ったことで
更にスカルパの信頼度が上がってきたような気がします。
こんなこと言うと怒られるかな?

●アッパー:HS12クロスタプロ
●ライニング:ゴアテックス デュラサーム
●ソール:ビブラム・デュアルPU
●重量:1,030g(サイズ42 片足)
●サイズ:39=24.9cm、40=25.5cm、41=26.1cm、42=26.7cm、43=27.3cm
※サイズは靴の実寸です。実際には0.5〜1.0cm程の余裕が必要ですが、個人の足形やソックスの厚さによってことなります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事