Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スカルパ ビンソン

今や貴重になった皮製テレマークブーツ。
わたしGekkoはこのビンソンとプラブーツT2を使い分けていますが
T2からビンソンに履き替えると、足に羽根が付いたかのごとく軽快感を覚えるんです。

ツアー志向の私としては、いまだにビンソンの軽快感を捨てきれません。
T2はテレマークブーツなので指の付け根が曲がるし
割りとソフトではあるけれども、やはり感覚としては「スキー靴」のそれであって
断じて「登山靴」ではありません。

ビンソンは圧倒的に登山靴なんです。

ドカ雪の林道を歩くのも楽しいし、テレマークターンで滑降するのももちろん最高。
テレマークターンといえば、テレマークスキー独特のターンのことですが
これをマスターすると滑り自体とても楽しいものになります。
普通のアルペンスキーでスキー場を滑るより、テレマークスキーでテレマークターンをしたほうが
単純に楽しいのです。

ゲレンデ専門テレマーカーが存在するのもそのアタリが理由なのでしょう。

このテレマークターン、楽しいからするのですが、
昨今のプラブーツの場合、テレマークターンをせずにアルペンターンでも
全く普通に滑ることが出来ます。

もちろん、ギャップなどがあると不意に前方につんのめることもありますが
中級者程度のギャップの少ないコースならある程度の経験者なら
アルペンターンで普通に滑ることが出来ます。

でも、皮製のビンソンはプラブーツに比べ、格段に柔らかいので
ちょっとした抵抗でも、前につんのめりやすくなるため
前後に足を開いたあの安定感あるテレマーク姿勢が必要になるのですね。

そこがいいんです。

お解りいただけるでしょうか?
ファッションではない必然としてのテレマークターン。
これが本来のテレマークスキーのあり方なんですね。

スカルパからは昔は数種類の皮製テレマークブーツが
ラインナップされていましたが、今やこのビンソンが唯一。
「最後の皮製てれマークブーツ」なんです(スカルパでは)。

板とのバランスで言えば、
昨今当たり前となった100mmオーバーのトップサイズのものでは
ビンソンでは乗りこなせません。

正確に言えば、滑ることは出来ますが、
踏み込んだり、エッジを立てたり、サイドカットを利用してのカービングターンといった
板の持つ能力を生かすことは出来ません。

靴自体がソフトだし、靴の中での遊びも多いですから。
私はビンソンの足首にナイロンのマジックテープのストラップで絞込み
ホールド製をアップしていましたが(効果は絶大です!)
それでもトップサイズ100前後のものは扱いきれません。

バランス的には太目のものでも80mm前後がいいでしょうね。
それでいてステップカットの入ったものが最高。
雪の山を縦横無尽に歩き、滑るといったツアー派の最強の組あわせではないかと
わたし的には思うのですがいかがでしょう。

ここまで皮ブーツを賛美していながらなんですが、
今2000〜3000mクラスの春山へ行くのなら
私の選ぶ道具はプラブーツのT2に滑り重視の板・・・(^-^;)。

すべりを楽しむのなら、プラブーツと皮ブーツでは
残念ながら比べ物にならないほど違います。

ソフトで細めな板で軽快なツーリングを楽しむか
フレックスの硬めでファットな板でテレマークの滑降を満喫するか・・・

ようは、目的にあわせて使い分けることが重要なんです。
テレマークは思い入れがありすぎるせいか、いつも文が尻切れトンボになってしまいます。
ごめんなさい。

結局どっちなんだ!?

テレマークブーツについて
これからツアー志向で尚且つすべりも楽しみたい。
そんなテレマークスキー入門者に、私がお薦めなのテレマークブーツは
プラブーツで最もソフトなスカルパT4かな。
強引に結論付けてしまいました。チャンチャン。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事