Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

キャラバン グランドキング GK−34

登山において、靴は大切。
最も重要なアイテムです。

それだけに慎重に選びたい。
靴だけは通販での購入はお薦めしません。
お値打ち感から通販で買う際は、必ず近所の登山ショップで
実際にその靴を履いてみてからにしましょう。

そして試し履きでは、足を入れただけではわかりません。
実際に使用する厚みの靴下を履いて、
店内をしばらくうろついてみましょう。

遠慮することはありません。
登山靴で試し履きするのは当然のことです。
そこで店員が嫌な顔をするような店は問題外です。
すぐに店を飛び出し、二度と行かないことです。

試し履きでは幅、甲の高さ、かかとなどに違和感が無いかチェックすることが必要です。
選び方の詳細は別記事登山靴の選び方 をご参照下さい。

私は皮の靴が好きですが、
初心者の方が履きやすさを優先するなら、
布製を選ぶこともいいかもしれません。

皮製のシューズは布に比べアッパー部分が硬いので
足になじむまでに少々時間がかかります。

また指の付け根などの曲がる部分が足に食い込むような場合も
布に比べて気になることが多いような気がします。

靴を購入後、「ならし」をほとんどすることなく、本番で使用するときなどは
あえて布製を選択することも悪くは無いでしょう。

登山靴は、足裏の衝撃吸収性、足首のホールドが大変重要です。

今回紹介するグランドキングはこのあたりをしっかり押さえています。
メーカーは国内老舗中の老舗キャラバン。
永年の経験から生み出され、進化してきた人気モデルがこのGK34です。

布製ながら、補強にヌバックをふんだんに使用しています。
磨耗強度にも優れ、ヘタリにくい設計になっています。

足入れ感もよく、全体を包み込むようなホールド感を味わえます。
足裏の衝撃吸収性も大変良好。
重荷を背負っての山行にも充分対応します。

ハイカットになじめない方でも、オールレザーのような癖がないので
違和感も少ないと思います。

最近では標準装備が当たり前となったゴアテックスライニング。
靴内の水蒸気は外に放出し、雨などの水の浸入を防ぎます。
布製シューズの場合、このゴアテックライニングは必須だと思ってください。

ソールはグリップ力の高いビブラム。
磨耗してきたら張替えなのも嬉しいです。

登山初心者のファーストシューズとしてもお薦めできる一品です。

●重量:約665g(25.5cm片足標準) ワイズ:3E
●素材: 【アッパー】 560DNコーデュラ ノルウェイ、撥水ヌバック 【ライニング】 ゴアテックス(R)スムースレザー 【ソール】 Vibram FOURA (ミッドソール:EVA)
●製靴方法:アクアプルーフ・セメンティング方式
●生産国:中国 ※軽アイゼンの装着が可能です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事