Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ロッテフェラー スーパーテレマーク

最近のテレマークスキーといえば、アルペンばりのハードなプラブーツに
ケーブルタイプのビンディングという組み合わせが主流です。

フレックスの固めのカービングスキー板にケーブルビンディングを装着して、
プラブーツで楽しむテレマークスキーは実に楽しい。

ゲレンデの堅雪にエッジを食い込ませた高速カービングターンや
ハード目の板を踏み込み、反発力を利用し兎のように飛び跳ねつつ切り返すウェーデルン・・・
アルペンスキーと一味違った、テレマークターンの楽しさを存分に味わうことが出来ます。

私も普段このようなプラブーツとケーブルビンディング、カービングスキーで滑りを堪能しています。


このような昨今のテレマークスタイルから言えば、
もはやクラシックスタイルに属する3ピンタイプのビンディング。

でも未だに熱烈なファンがいるのも事実。
この3ピンにレザーブーツを合わせたときの軽快感は
テレマークスキー本来の魅力が凝縮したスタイルといえます。


普段プラにケーブル、ワイド板のかっ飛びテレマーカーが
久しぶりにライトなギアでツアーに出かけたとしましょう。

雪の林道歩きから始まり、緩やかな起伏を登りつめ、そして滑降。
道具はステップソールのソフトな板に3ピンビンディング、そしてレザーブーツという組み合わせ。

久しぶりのこのスタイル。
なんと軽快なんでしょう。

まず足が以上に軽い。
指の付け根のスムーズな曲がりとともに、何の抵抗も無く行えるヒールアップ。
それはもう、感動的。

このスタイルで雪に覆われた林道を歩くだけでも楽しくて仕方がありません。
美しい景色、時々挨拶に現われる野生動物。

スノーシューを使用したスノーハイキングが最近はやりですが
私の経験から言えば圧倒的にテレマークスタイルの方がラクで楽しいと思います。
(この場合のテレマークスタイルはもちろん、レザーブーツの組み合わせ)

「やっぱり3ピンプラスレザーブーツは歩き中心なのね・・・」

このような書き方をすると、そう思われる方もいるかもしれません。
その考えは大間違い。

このようなライトツアースタイルであっても
滑降を充分楽しむことが出来るんです。

販売店や、他のホームページなんかを見ていると
レザーブーツ&3ピンは「歩き中心」なんて書いてあることがよくありますが
そんなことは断じてありません。

私の例でいえば、
レザーブーツ&3ピンでスキー場のほとんどすべてのコースを楽しみながら滑降できます。
ただ激しいこぶ斜面は苦手ですけど・・・。
もちろん「腕」のあるテレマーカーは、こぶでも難なくこなしてしまいます。

先に挙げた、高速カービングターンや、小刻みなウェーデルンは
ギア(レザーブーツ&3ピン&ソフトフレックスの板)のパフォーマンスが追いつかないこともあり難しいでしょう。
しかし滑りの楽しみは存分に味わうことが出来るんです。

これからテレマークスキーを始めようという方に
1本目としては、まずテレマークターンの楽しさを味わって頂くために
ソフト目なプラブーツにケーブルビンディングをお薦めします。

そして2本目として是非このようなライトツアースタイルを是非試してみてください。
はじめに味わうのは、なんとも頼りなく、ふわふわとした掴み所の無い感じ。

滑りに安定感を得るために、
前後に足をずらすテレマーク姿勢が今まで以上に活きてきます。

この頼りないギアを乗りこなすことが出来るようになった時
きっと新たな世界が開けるでしょう。

最後に使用方法。
テレマークブーツの前コバの下にある3つの穴を
ビンディングの穴に嵌め込みレバーを押し下げ固定します。
これだけでOK。

実際にツアーに出かけるときは、
マイクロドライバーのようなものの持参をお薦めします。
(私はコンパクトなツールナイフを持参していました)

板を担いでの歩行から、滑りに移るときなどに
ブーツの穴に氷が詰まってしまうことがあるので
それをこそぎ落とすためのものです。

私は一度も詰まったことはありませんが
同行者には何度かありました。
備えあれば、憂い無しです。

■カラー:ブラック
■対応ブーツサイズ:フリーサイズ
■重量:約340g(ペア)
■その他:爪先固定厚は3段階

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事