Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

AMK ヒートシートエマージェンシーヴィヴィ

先回、ビバーク用ツェルトをご紹介しましたが
追記として、同じくビバーク用に使えそうなグッズを発見したので
ご紹介しましょう。

AMK ヒートシートエマージェンシーヴィヴィです。
AMKは、私も知らなかったのですが、
アメリカでは有名なサバイバル用品のメーカーです。
他にもレスキューホイッスルとかミラー、リペアキットなど、
結構使えそうなアイテムが販売されています。

ヒートシートエマージェンシーヴィヴィは
同社のヒートシート筒型に加工が施され、
つまりシュラフのように中に入ることができるサバイバルシートです。

シームテープ加工が施され雨風から身を守り
ビバーク時に体温が奪われるのを防ぐことができます。
超コンパクト、重量はたった108g!
ツェルトよりさらに負担が少なくなりますね。

ただ、あくまでもこれは非常用。
おそらく使用することは無いだろうが、万一のことを考えて
ザックに忍ばせておこう。
そのためには、出来る限り軽いもの、しかも安いものでいい・・・
そんな感じのアイテムです。

もう少し耐久性のあるものがよければ、
シュラフカバーを代用しましょう。

さらに使用時の快適性を考えるのなら、ツェルトにしておきましょう。
さらに居住性を求めるのなら、ワンポールテントに・・・

使用時に快適さを求めるほど、重量が重く、かさばるようになります。
どこで折り合いをつけるかですが、
このようなアイテムはあくまでも非常用なので、
個人的にはツェルト(ポール無し)、シュラフカバーくらいがお薦め。

しつこいですが、山中泊を前提にするのなら迷わずテントですよ!


●サイズ:91x23cm
●重さ:108g

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事