Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ガーミン ハンディGPSオレゴン300

私GekkoがはじめてGPSを購入したのは今から10年ほど前。
当時はGPSを登山に持参している人はマイノリティーで、
専用のマップガイドなどを手作りしてハイテク登山を楽しんだものです。

科学の進化はまさに日進月歩で、
今では携帯電話にもGPSが付いている時代。
全く恐れ入ります。

以前もこのブログでGPSを紹介したことが有ります。
ちょうど1年前のこと。

それからもさらに進化は続いています。
今回、かなり真剣に登山に向いたGPSはどれなのか?
あくまでも自分が買うとしたらというリアル目線で調べてみました。

私のクラシックなGPSと比べてみると
一番の違いは視認性の高さと扱いやすさ!
この2点の進化はすごい!

以前はGPSを使いこなすのは結構難しかった。
しかし今では誰もが買ったその日から、
機能全開で使いこなすことができるでしょう。

グラフィカル表示で圧倒的な使いやすさは、
携帯画面の操作に近づいている気がします。

今回いろいろなGPSをチェックしてみて、
この視認性と扱いやすさは、メーカー・モデルによって
結構な差が開くことがわかりました。

どうせ買うなら、ハイスペックの隅々まで使いこなしたいし、
パソコンとのデーター転送も簡単にできるものがいい。
3000m級の本格的登山だけでなく近所の低山にも気楽に持参したい・・・

(GPSで地形を確認しながら登るのって、結構楽しいのです)

そんなことを考えつつ、Gekkoが選んだ1台。
2009年発売モデル「ガーミン ハンディGPSオレゴン300」。

これは、はっきり言って高い。
しかし高くても購入する価値ありと判断しました。

これを知ってしまうと、正直言って他のモデルを買う気がしないのです。
他の安い機種で妥協するくらいなら、お金が溜まるまで買わずに我慢する。
そう、思ってしまうほどの魅力がある。

ガーミンはハンディGPSでの絶大なる信頼があるブランドです。
登山ならではの複雑な地形でも、衛星データーを補足しやすいのです。
ロスト率が非常に少ないことは、言うまでもなくGPSの選択の要ですから。

そんなガーミンの最高機種がこのオレゴン300。
山岳ガイドの愛用者も多かった同社の名機CSやCSxモデルを押しのけて
なぜ「オレゴン300」なのか?

それは新機能「タッチスクリーン」による操作性高さ!
これに尽きます。

2008年に登場して話題となった「コロラド300」も
オリジナルコントローラーを装備して操作性の良さから
人気の機種では有ります。

しかし、それも「オレゴン300」のタッチスクリーンにはかないません。
このあたりも昨今の高機能携帯の進化とだぶってきます。

電源のオンオフ以外はほぼすべてタッチスクリーンで操作が可能。
当然細かなボタンなどもなく、実にすっきりしたデザインにまとまっています。

頭でマニュアルを思い浮かべて操作するのではなく、
画面を見て直感的に操作ができる。
この差は大きい。とてつもなく大きいでしょう。

また冬季などではグローブをはめたままでも
タッチ操作を容易にするため、大き目のボタンレイアウトになっています。
このあたりの配慮も、まさに登山向けといえるでしょう。

操作性、扱いやすさでは圧倒的に「オレゴン300」優位だと言っていいでしょう。
そう、圧倒的なんです。

「しかし高すぎるよ〜」

そうお嘆きの貴兄には、同社の「eTrex Venture HC」という選択もあるかと思います。
価格的にはぐっと購入しやすくなります(オレゴン300と比べて約1/3以下!)。

ただ個人的には、「eTrex Venture HC」は詳細地図用のメモリが非搭載なのが致命的だと思っています。
登山での使用を前提に考えると、内蔵地図以外のマップソースを必ず利用したくなるはずですから。

それと、やはり「タッチスクリーン」はあきらめきれない。
「オレゴン300」持参での登山って、想像してみるだけで絶対楽しいですよ!

そして安全面。
完璧に読図ができる登山家でも、密集した樹林帯や完全にホワイトアウトで迷った時などは
GPSの優位性ははかりしれません。
GPSをお持ちで無い方で、特に冬山にも行かれる方は、
安全登山のためにも是非買っておきたいアイテムです。

いかがですか?
このような高機能を知ってしまうと、廉価版のGPSが買いづらいでしょう?
お金をためてでも「オレゴン300」という気持ち、わかっていただけますよね。

ここで紹介したことは、機能の一部。
さらに詳しくお知りになりたい方は、
この記事の下部記載のリンクで確認してみてください。

サイズ:幅5.8cm x 高さ11.4cm x 厚み3.5cm 
半透過型液晶カラーディスプレイ:3.9cm x 6.5cm(240 x 400ピクセル)
本体重量:単3電池2本を含んで190g 
外部メモリ:microSDメモリ 
1/20万概略道路地図内蔵
バッテリー:通常使用で約16時間
ユーザー登録ポイント:1,000個所、直行ルート50個所まで登録可 
軌跡ログは最大10,000ポイントまで。microSDには空き容量のある限り記録し続けます。 
防水性能は日常生活防水(IPX7) 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事