Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

パタゴニア ウール2 Tシャツ

面白いものを発見しました。
パタゴニアから発売されているウール製のTシャツです。
長袖ではウールTシャツもありますが、
半袖は珍しくないですか?
それもあのパタゴニアからの発売となれば、食指が動きます。

ウール信奉者の私Gekkoとしては是非フィールドで試してみたいアイテム。

夏山でも標高や天候次第で相当に気温が下がります。
また、秋になれば高山では、しっかりした防寒対策が必要になります。
そしてレイヤリングで一番重要なのが肌に直接接する肌着。

行動中に大量の汗をかく登山では、綿素材はご法度。
濡れたまま乾かず、不快であるし体温が奪われます。

ウールは濡れた状態でも冷たさを感じず、乾きも早い。
さらに抜群の保温性があります。
また機能素材に比べ、へたりにくく生地がしっかりしているのも特徴です。

ウールの速乾性能を謳うメーカーは実はほとんど有りません。
むしろ、乾きにくいと言うイメージのほうが強いのではないでしょうか?
しかし実態は機能素材と比較しても決して引けを取らない速乾性能を保持しています。
これは私が自ら実験したことが有り確信を持っています。

繰り返しましょう。
濡れても冷たさを感じず、乾きも早い、しかも暖かい。
まさに登山に最適なウェアなんです。

ウールの弱点ば「チクチク感」と洗濯時の「縮み」。

特に地肌に直接きる場合、あのチクチク感はかなり気になります。
パタゴニアのこのウール2はベースレイヤーと言う位置付けで
直接地肌に着用することを前提に設計されて入るため、その辺りもクリア。

塩素を使用せず、天然物質を利用したスローウォッシュ加工により、
肌触りをソフトに、縮みも最小限に。

パタゴニアのウールシリーズにはTシャツの半袖の他に長袖やボトムもラインナップされています。
一式すべてそろえるのも、非常に賢い選択です。

私はこのウール2を実際に着用したことが無いので
チクチク感が全く無いのか?この点が唯一気がかりではありますが、
そこが完全にクリアされているのであれば、
このパタゴニアのウール2ベースレイヤーは
秋から冬にかけての最強のアンダーになり得るのではないかと思っています。


■高機能ベースレイヤーとして理想的な天然繊維であるメリノウール100%製 
■水分を発散するスピードをコントロールする天然の機能性により、気化冷却による冷えを防いでウェア内の温度を調整する 
■ソフトな肌触り
■天然の防臭作用 
■非塩素処理 
■洗濯機で洗濯可能 (平干し乾燥)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事