Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イスカ ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト

そもそもシュラフカバーがなぜ必要なのでしょう。
答えはシュラフを濡らさないようにするためです。

特に中綿にダウンを使用している場合は一旦濡れてしまうと
なかなか乾かず、保温性も激減してしまいます。

雨天時のテント泊では、
気が付いたらテント内に巨大な水溜りができている、
なんてことも珍しくありません。

防水のテントなら大丈夫でしょ?なんて思われる方、
防水テントでも、フライをしても、縫い目に目止めをしても、
水が浸入してくることはあるんです。

どんな悪条件でも絶対漏水しないテントなんてのも、
ひょっとしたらあるのかもしれませんが、
私の経験上、すべてのテントにおいて、
漏水の可能性があると思っておいたほうがいいと思います。

やや話がそれましたが、
このように雨天時にシュラフを濡らす可能性が有りますし、
そのほかにも、結露でシュラフの足元がベトベトになることも普通に有ります。
厳冬期のテント泊などでは、シュラフの下半身にびっしり霜が降りたりもします。

シュラフを濡らす可能性というのは結構たくさんあったりして、
長期の山行においては、やっぱりシュラフカバーがあったほうが便利でしょう。

素材としては、やはり防水透湿素材のゴアテックスがお薦めです。
そうなると、これまた結構ないいお値段がしてしまうものでして、
とりあえず「無くてもいいや」という気がしてきます。

そうです、シュラフカバーは便利ですけど、無くてもいいんです。
なんなら、45Lくらいのポリ製のゴミ袋を持参して
シュラフの足元を濡らさないようにすることもできますしね。

ちなみに、私Gekkoは今まで一度も
シュラフカバーを使ったことは有りませ〜ん。(^-^;)



●サイズ:87(肩幅)×209(全長)cm
●重量:380g ●収納サイズ:7×8×25cm
●カラー:ネイビーブルー 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事