Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ブラックダイヤモンド トレイルエルゴコルク

今や登山には無くてはならないトレッキングポール。
20年前は、時々スキーのストックを使っている人を見かけたくらいでしたが、
昨今は利用者がとても増えてきているアイテムです。

まだ使用していない方は、ぜひ試して欲しいと思っています。

ブラックダイヤモンドのトレッキングポール「トレイルエルゴコルク」の魅力。
それはなんといっても、その価格帯にあります。

ブラックダイヤモンドの製品は、トレッキングポールに限らず、
クライミングギアなどを含め、相対的にリーズナブルに設定してあります。

これはメーカーの考え方なのか、輸入元ロストアローの方針なのかわかりませんが、
とにかく、うれしいことに安いものが多いんです。
それでいて、機能を削っているわけではなく、むしろ優品揃い。

このトレイルエルゴコルクの価格もさすがブラックダイヤモンド。
他者と比べても、充分安さが実感できます。

値段にこだわるのなら、同ブランドの「トレイル」というモデルはさらに割安。
その違いは何かというと、グリップの材質と形状にあります。

シンプルな「トレイル」のストレートグリップに対し、
「トレイルエルゴコルク」はグリップとシャフトに角度を持たせてあります。

これによって、ストレートタイプに比べて、
スムーズにポールが前方へ繰り出すことが出来、
手首への負担が軽減されます。

わかりやすく言いますと、
地面に対し垂直にグリップを握った場合、
ストレートタイプの石突部分はその真下に来ますよね。

アングルタイプは垂直に握った状態で、
角度がつけられている分、石突部分がやや前方に出ています。
それによって、より自然な形でポールの繰り出しができるというわけですね。

さらにグリップの材質。
「トレイルエルゴコルク」のグリップナチュラルコルクを採用。
これはしっとりと手に馴染み、雨天や発汗時でも滑りにくい。
とてもいいフィット感を味わえます。

私Gekkoはレキ社のトレッキングポール2本を使い分けていますが、
そのうちの一本が、このアングル&コルクグリップです。
使っていて違いははっきりと体感でる、大変優れた機能だと思います。

マイナス面は、アングルがつけられた分、収納サイズが長めになります。
収納時の両者の差約10cm。
言うまでもなく、ストレートタイプの「トレイル」のほうが短くなります。

ザックの再度にくくりつけた場合、短いに越したことはありませんが、
稜線歩きなら、ほとんど使いっぱなしなことを考えれば、
さほど大きい問題ではないのではないでしょうか。

また、「トレイル」と「トレイルエルゴコルク」は実売価格で1000円強の差がありますが、
その程度の値段の差なら、機能性から「トレイルエルゴコルク」軍配を上げたい。

他者と比べれば、どちらにしたって、安いんですから。

●付属品:ティッププロテクター、パウダーバスケット
●長さ調節:フリックロックシステム
●素 材:アルミ合金
●サイズ:収納時=73.5cm、調整範囲=74〜140cm
●重 量:540g(1ペア)
※ペア販売になります。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事