Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ブラックダイヤモンド キロワット

今年もいよいよ雪山シーズンが到来。
バックカントリースキーヤーは心躍る季節。

12月頃からゲレンデスキー場がオープンし始めますが、
バックカントリーは雪が降ったからといって、
すぐにスキー対象になるわけではありません。

滑れる状態になるには、
繰り返し雪が降り積もり、
しっかりと藪を押しつぶしてから。

また、雪崩のことを考えると早い時期の沢は怖くては入れません。
そうなると、やっぱり春まで待ち?

いえいえ、私Gekkoはかなり早い時期から雪山に入ります。
沢筋がやばい間は尾根伝いにルートを取ります。

春に沢の締まった雪を滑降する爽快感は味わえなくとも、
木立を巻きつつ、ゆったりと滑り下りるのもとても楽しい。
季節に合わせたスキーの楽しみがあると思います。

私のバックカントリーでのスキーはテレマークスキーを利用します。
そのためアルペンスタイルの山スキーと比べ、歩行に関してはかなり有利。

テレマークスキーだからこそ、歩くスキーの楽しみも味わえるのです。
歩いて、滑って軽快にバックカントリーを遊びつくす。
これこそテレマークスキーの醍醐味でしょう。

今シーズンのニューモデルスキー板から、
お勧めをご紹介してみようと、調べてみました。

しかし、正直なところ、これといった惹かれるものが見当たりません。
テレマークブーツにいたっては、年々滑り重視のハードでヘビーになっているようです。

これは滑りを楽しむのには歓迎ですが、
オールラウンドなツアー思考のgekkoとしては不満です。

一応、テレマークブーツなので足指の付け根は曲がるものの、
全体のガッチリ感はアルペンブーツのそれに年々近づいています。

私はレザー製とプラブーツの2種類テレマークブーツを愛用しています。
スキーの滑りを満喫するには、やはりプラブーツにはかないません。

今更、レザーを推奨するつもりはありませんが、
それにしても、堅すぎると思うのです。

プラブーツでも、一昔前のT3、T4あたりまでが
軽快なテレマークを楽しむには限界なのではないでしょうか。

テレマークスキーで出かける雪山ツアーでは滑るのと同じ比重で
歩くという要素があると思うのです。
歩くのは滑るための辛いアルバイト…
私はどう考えていません。

樹林の尾根をスキーを履いて登っていくのもとても楽しい。
登りだけでも完結するくらい楽しいのです。

こんなときのテレマークスキーの機動性はすばらしいものがあります。
ワカンよりも、スノーシューよりも、山スキーよりも快適です。
この快適感を削り落としたくない、どうしてもそう思ってしまうんですね。

さて、スキー板の方ですが、こちらも幅広、カービング化が進んでいます。
いわゆるファットスキーというのは私はピンときません。

それは私のテリトリーでパウダーを楽しめることはほとんど無いからです。
パウダーフリークにはファットスキーはたまらない魅力なんでしょうね。

パウダー以外では、ウエストが太すぎるのはかえってマイナスになることも多く、
スムーズなエッジングの妨げになったりします。

たとえば、山中一泊後早朝に下山するとき。
カチカチのアイスバーンなんかではウエストが太すぎるととても怖い。

これはサイドカットが深すぎても同じで、
スピードを抑えながらのスキー操作がとても不安定になります。
全速力でカービングターンで突っ込むエキストリーマーには問題ないのでしょうが…。

スキー板のフレックス(たわみ)とトーション(ねじれ)は堅い方がすべりに向いています。
反発力を生かした、とても楽しいスキーができるのです。

しかし、極度に幅広、深いサイドカットの板になると、
ある程度ソフトでないと、バックカントリーでは扱いづらくなります。

そのバランスは力量と好みになるので一概に言えませんが。
急斜面でもしっかり板を踏み込んでターンすることのできる方以外は、
マイナス面を感じることでしょう。

まあそんなわけで、今年モデルで、今一ぱっとするものが無ければ、
旧モデルの割安板を狙うのも良い方法です。

時流に沿ったワイドスキーでありながら、
割とソフトフレックスで扱いやすいオールラウンドタイプとして
ブラックダイヤモンドのキロワットを選んでみました。

全長155cmでウエスト95cm、R19.5cm。
これならパウダーから春山のツアーまで使いまわせそう。
軽量なのもツアーにはうれしい。


【サイズ】155cm、165cm、175cm
【ディメンション】155(124 - 95 - 110mm)、165(125 - 95 - 112mm)175(126 - 95 - 114mm)
【ターン半径】155(19.5m)、165(21.0m)、175(22.5m)
【推奨体重】155(61.2kg以下)、165(56.7〜70.3kg)、175(65.8〜79.4kg)
【構造】フォーミュラワンテクノロジー/3D CNCウッドコア/トーションボックス構造
【重量(ペア)】155(2.9kg)、165(3.2kg)、175(3.6kg) 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事