Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

パタゴニア R4 ジャケット

ウールの山シャツならば、ペンドルトンの右に出るものはいない。
ならばフリースはどのブランドがいいでしょうか?

私の経験で言えば、パタゴニアを推してみたい。
他ブランドと比べ、耐久性の高さ、デザイン性共に優れている。

廉価なフリースジャケットは、はじめ良くても、すぐに化けの皮が剥がれてしまいます。
洗濯を繰り返すうちに生地がヘロヘロにへたってしまいます。
それに引き換えパタゴニアのフリースはへたれない。
いつまでたっても、それなりのボリューム感を維持し続けています。

先日某ショップで出会った、パタゴニアR4ジャケット。

これはまず「見た目」で気に入ってしまった。
見るからに毛並みが違う。

駄馬には無い、サラブレットの品格を放っています。

R4ジャケットはパタゴニアのフリースラインナップのうちで
ナンバー1の保温性を誇るフラッグシップモデル。

表と裏の2種類のフリース素材でポーラテック・ウインドブロックをサンドイッチ。
フリースでありながら、風を通さないのでアウターとしても使用できます。
ラミネートタイプでありながら、とてもしなやかな着心地も新鮮。
中間着としても快適に使用できます。

登山ではもちろん、普段着としてもとても着ていたい。
もう着まくりたい、魅力あるウェアです。

(かっこいいなあ…MTBに乗るときにも良さそうだなあ…)

相当にその魅力に惹かれたものの、衝動買いするには少々お高い。
結局そこは貧乏人の悲しさから、引き下がってしまいました。

しかし、多少高くても、その分長持ちすることは
すでに手持ちのパタゴニアフリースが証明している。

(安物買いの銭失いになるよりは、多少高くても賢い選択ではないか…)

悩みつつ、まだ踏ん切りがつかないでいる情けないGekko。
そうこうしているうちに売切れてしまうのに…。


R4素材:片面起毛R2ポリエステル(リサイクル・ポリエステル40%)(7.4オンス・ポーラテック・サーマル・プロ)にラミネートした、13.5オンス・ポリエステル・ベロア(ポーラテック・ウインドブロック)。「つなげる糸リサイクルプログラム」によりリサイクル可能。782 g (27.6 oz)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事