Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スワンズ 偏光オーバーグラス SWO-101

雪山登山にお勧めのサングラスを前の記事で紹介しました。
補足として、普段めがねを使用している方へのお勧めサングラスも紹介しておきます。

このスワンズ偏光オーバーグラスは、その名のとおりメガネの上からはめるゴーグルタイプ。
といってもゴーグルほど鬱陶しくも無い。

行動中はオーバーグラスを装着し、日が落ちたり山小屋では外しておく。
とても使いやすいアイテムです。

それでいて機能は非常に高い。
山本光学オリジナルのペトロイドレンズを採用。

ポリカーボネート製で耐衝撃、耐寒、耐熱に極めて強い素材。
さらに耐磨耗性能を誇るハードコート処理済み。

雪目の原因でもあり、眼に炎症やダメージを与える元凶である紫外線。
なんとその紫外線を99.9%除去することが可能なUVカットレンズ。
悪天候の中でも水滴をはじき、汚れがつきにくい特殊表面コーティングまで対応。

どうですか?雪山登山にうってつけの機能ですね。
余談ですが、このペトロイドレンズはプロゴルファー石川遼選手もご愛用。
それだけ信頼度が高いということでしょうか。

また、このSWO-101モデルはメガネの上から装着できるように
ゆとりのあるデザインで仕上げられていながら、フィット感も抜群によい。

テンプル部分のアームが自在に曲がることで、
自分の顔にあうように調整することができるんです。
ホールド性能も高く、横からの光や風邪や雪の進入も軽減します。

度付きレンズのサングラスを注文するのもひとつの方法ですが、
お安く済ますなら、やはりこのオーバーグラスをお勧めします。

ちなみにクリップでメガネに装着するクリップオンタイプもありますが、
上下左右の大きな隙間ができるため、紫外線の影響や強風などでのずれなどが心配。
フィッシングなどにはいいでしょうが、登山にはやや?ですね。


■フレーム横幅 約157mm 
■フレーム縦幅 約63mm 
■フレーム内寸 約143×55mm 
■全体重量 約51.3g 
■フレームカラー スモーク 
■レンズカラー 偏光グリーンスモーク 
■素材 プラスチック 
■可視光線透過率 11% 
■紫外線透過率 0.1%以下 
■偏光度 95%以上 
■付属品 SWANS専用ソフトケース
■その他 テンプル調整可能  

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事