Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

EPI SPLITストーブ

今更なんですが、ストーブというのは「調理用コンロ」のことです。
暖を取るためのものではありませんので、念のため。

さて、そのストーブですが灯油、ホワイトガソリン、アルコール、ガスといろいろ。
迷ってしまいますね。

このあたりの選択や違いなどは今までにも何度も書いていますので省略。
私Gekkoはもう長いことガスカートリッジ派。
簡単で短時間に調理ができるからです。

ただ、最近のエコロジー的観点から思うこと。
ガスの場合、カートリッジにちょっと燃料が残った場合、
次回の山行では「サラ」のカートリッジを持参します。
満タンとチョイ残りの二つのカートリッジを持参することは
収納スペース的に極めて非効率だからです。

そのため、自宅にチョイ残りのカートリッジがごろごろ溜まってきます
これはガスカートリッジの大きなマイナス点といえるでしょう。
ガソリンや灯油では、通常専用ボトルに移し変えて持参するので
このようなことは起こりません。

ガスは使いやすいので、今後変更する気持ちはありませんが、
このあたり、何とかならないものかと思う今日この頃です。

さて、ストーブの話。
雪山登山では、雪を溶かして飲料水を作ります。
一度やってみるとわかりますが、この作業は結構時間がかかります。
雪を入れては溶かし、また雪を追加して徐々に水を増やしていきます。
数人分の水を作るときは尚更時間がかかりますので覚悟しておきましょう。

夏と異なり、この水作り作業で意外と燃料を消費してしまうので、
やや多めに荷燃料を持っていくようにするといいと思います。

また数人分の水を作るのなら、
小さなコッヘルで雪を溶かしていくのは非常に非効率。

大きめのコッヘルにどっかんどっかん雪を突っ込んで一気に作っていきたいものです。
その場合のストーブは安定感のあるものが有利。

コンパクトガスストーブはガスカートリッジと一体型となるので、安定感はよくありません。
数人で出かけるときは誰かがひとつ、燃料分離式の大なべ対応のストーブを持参すると便利です。

EPI SPLITストーブは分離式で安定感抜群。
しかも4200Kcalと火力もあるので、飲料水作りにもいい仕事をしてくれるでしょう。
また3つの脚はそれぞれ高さ調節が可能なので、凹凸のある地形での調理でも
安定して使用することが可能。これは使ってみるとかなり便利な機能でしょう。
ありそうでなかった機能です。

もうひとつ、当然のことですが、ガスカートリッジは別売り。
別途購入する必要があります。

EPIやプリムスはほとんどの登山ショップで販売しているので
簡単に入手できます。

また、ガスカートリッジは使用条件によって数種類用意されています。
EPIなら、レギュラー、パワー、エクスペディションの3タイプ。
冬季使用ならパワータイプかエクスペディションタイプを選ぶようにしましょう。


●出力:4200Kcal(230P+使用時)重量:234gガス消費量:300g/h
●プラスチックハードケース付き
●SFPM
●マイクロアジャスト機構
●二重シーリングワッシャー
●自動点火装置
●セーフティーリング
●ダブルアジャストシステム
●ハイトレベルコントロールフット

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今晩は・・・

ご無沙汰しています・・・。
私もガスカートリッジ派。
で、一時期、封を切ったガス缶がゴロゴロと・・・
対応に困ったので、普段のドライブのお供に・・・♪
それでも、余ってしまって・・・???
「!」
パソコンの前で残量ガス缶でお湯を沸かし、
珈琲など始めカップ麺調理に♪
在庫一掃処分達成!♪

今じゃ・・・
PC操作ながら珈琲専用のガス缶を購入する始末・・・♪


ウン、生活に疲れたら・・・山に行きたいですネ♪ 削除

2009/11/20(金) 午後 7:17 [ 槍穂高の雫 ] 返信する

槍穂高の雫さん、こんにちは。

ストーブを日常で使うのは思いつきませんでした(^-^;)。
職場では結構いいかもしれませんね。
カップラーメン食べるときとか。

2009/11/21(土) 午後 6:32 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事