Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

エキスパートオブジャパン スノーシューズ M

ワカンとは「輪かんじき」のことで、深雪で沈まないように装着する道具。
説明するまでも無いでしょうが、念のため。

冬山登山でもワカンが必要な山と不要な山に分かれます。
高山の場合、樹林帯は緩斜面ではワカン、
高度が上がって急斜面や稜線付近ではアイゼン。
そんなパターンが一般的でしょう。

ドカ雪が降れば、急遽必要になったり、
入山者が多いエリアでは積雪が多くてもトレースが作られていて不要なことも多いでしょう。
いずれにしましても、エリアや山容、天気によって使うか使わないか個々の判断になります。

私は深雪での山行の場合はほとんどテレマークスキーを使うため、
実はワカンはあまり使ったことがありません。

北アルプスでは正月の蝶ヶ岳くらいでしょうか。
このときは、吹雪のため無人小屋で数日缶詰状態になり、
下山時の樹林帯は大変な積雪でした。

ワカンを装着しても太股くらいまでもぐり、
高度が下がるまで、大変な労力を強いられたものです。

こんなときに、もしワカンが無ければ行動できないかもしれません。
トレースができても、ワカンを履いて作られるトレースは、
ワカン無しでは当然すっぽり潜ってしまうでしょう。

そう考えると、
重量800g前後とはいえ、心配があれば持参するべきでしょうね。

さて、ワカンはアルミと天然木との2種類があります。
私はトラディッショナルな芦峅の木製ワカンを使用しています。

ここではアルミワカンを取り上げてみました。
深雪でのポテンシャルとしては、どちらもほぼ互角ではないかと思います。

先ほど書いた蝶ヶ岳の下山時はアルミ製ワカンを履いた登山者と、
先頭を交代しながらラッセルしていきましたが、
大きな違いは感じませんでした。

重量もあまり変わりませんので、好みでいいんじゃないでしょうか。

同じような用途でスノーシューもありますが、
これは登山においてワカンと同列には考えないほうがいいように思います。
スノーシューはまた別記事で書こうと思います。



●サイズ/36cm(長辺)
●重量/735g

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事