Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スント エレメンタム・テラ ブラックラバー

登山において高度計(気圧計)はぜひとも持参したい計器のひとつ。
理由は読図の制度が俄然高まるからです。

積雪などにより登山中にコースが不明瞭な場合、
地図とコンパスで現在位置を読み取り、進む方角を確認します。
その場合に高度計があると、さらに正確に読図が可能になります。

具体的にはコンパスと地形図でおおよその位置を補足します。
そこに高度がわかれば等高線からほぼピンポイントで現在位置の確認が可能になります。

また気圧の変化を読み取り、天候の予想もすることができます。
気圧が急激に変化するのを見て、低気圧の接近を知りあわてて下山。
そのうち、吹雪き始めるなんて事例は何度も体験しました。

私は冬でも単独行が多かったので、気圧の変化にはいつも気を配っていました。

尚、高度と気圧は互いにリンクしています。
そこを理解したうえで数値を読み取るようにしないと、
宝の持ち腐れになりますので気をつけてくださいね。

最近高度計(気圧計)付きの腕時計が増えてきています。
私はプロトレックを使用していますが、充分「使える」機能を保持しています。
これからは腕時計タイプが主流になるのではないでしょうか。

高度計付きの腕時計はプロトレックとスントが2強といったところでしょう。
スントはフィンランドのメーカーでこちらも「使える」計器としてお勧めです。

スント エレメンタム・テラは今年の9月に発売された新作モデル。
このエレメンタムシリーズは熟練の職人と手により
ひとつひとつ丹念に仕上げられるこだわりの少量生産モデル。

高機能の高度計(気圧計)のほかにも、
時計本体を左右前後に約45度まで傾けても
正確な方角を示す3Dコンパスも搭載した登山に最適なモデルです。

ここで紹介したモデルはラバーストラップ採用モデル。
ラインナップ中最もリーズナブル。
他にレザーバンドタイプ、ステンレスタイプもあります。

また、ここで紹介した商品は直輸入タイプのため、
かなりお値打ちプライスになっています。
直輸入といっても1年保証、日本語取説付きなので安心。

サイズ44.65×51×13.5mm 95g ボディ ステンレススティール ストラップ ラバー
・時計表示 日付 アラーム 気圧計 高度計 天候予測
3Dコンパス バックライト 累積上昇高度/累積下降高度
高度ログ(最大8) ボタンロック クロノグラフ
・サファイアクリスタルガラス
・100m防水
・最高高度9000m
 付属品 1年保証書、日本語取扱説明書

この記事に

閉じる コメント(1)

フライトにも使いそうですネ。

2009/11/28(土) 午後 8:48 poppy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事