Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

サーマレスト ネオエアー レギュラー

シュラフの下に敷くマットはテント山行では必需品です。
銀マットで充分という方もいるかもしれないが、最大の難点は嵩張ること。

銀マットはザックの外側にくくりつけるのが一般的。
これが実にわずらわしい。
樹林帯などでは枝に引っかかり歩きにくいことこの上ない。
また、シビアな岩稜帯などでは岩に引っ掛け、バランスを崩す危険も孕んでいます。

これは大きな事故につながる可能性があるため、笑っていられません。
やはりザック内に収納できるマットを選ぶようにしたいものです。

登山のマットで一番のお勧めはサーマレストに代表される自動膨張式のマット。
これはコンパクトになるし、断熱性が非常に高い。
(重量は銀マットのほうが軽いですが・・・)
サーマレストの自動膨張式マットを買えば、まず間違いは無いと言えるでしょう。

そのサーマレストから今期新登場したのがエアー式マットネオエアーです。
エアー式で大丈夫?とまず疑問。

エアー式の場合は空気の移動で偏ったり、断熱性に劣っていたりと
わたし的にはあまり良い印象はありませんでした。

しかしそこはサーマレスト。
体から出る熱は上側に、地面からの冷気は下側へ跳ね返すR2バリア方式を採用。
これによって、他のエアマットレスの3倍の断熱性を実現しています。

空気の移動や偏りについても考慮されています。
内部に隔壁を設けることで偏りもほとんど感じないよう工夫されています。

このネオエアーをサーマレストの軽量タイプの自動膨張式マットと比較してみましょう。

自動膨張式のマットレスPloLite(暖かさ値2.2)480g
自動膨張式のマットレスPloLite Plus(暖かさ値3.8)680g
ネオエアー(暖かさ値2.5)410g

暖かさはPloLiteと変わらず、かなり軽量化に成功しています。
とことん軽量コンパクトに徹したい方には、このネオエアーの選択もありそうです。

【カラー】レモン
【サイズ】51×183×6.3cm
【平均重量】410g
【マテリアル】30デニール高強度ナイロンリップストップ

この記事に

閉じる コメント(3)

こんばんわ。いつも参考にさせていただいてます。
質問です。同じサーマレストのリッジレストと比べて
暖かさ値はいかがでしょうか?

2009/12/6(日) 午後 11:34 matumatu 返信する

MatuMatuさん、こんにちは。
リッジレストの暖かさ値は2.6なのでネオエアーとほぼ同等です。
リッジレストは断熱効果は充分ですが、外付けになってしまうのが難点ですね。

2009/12/7(月) 午後 3:06 Gekko 返信する

ありがとうございます。
私はリッジレストを筒状にしてザック内にはめ込んでいるのですが、
嵩張ることは嵩張るので、省スペース化を図りたいときは
購入を検討しようと思います。

2009/12/8(火) 午後 5:45 matumatu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事