Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

オスプレー イーサー85

オスプレーの大容量85Lの大型ザック、イーサー85。
冬山縦走に最適なサイズです。

このイーサーの大きな特徴は、まず軽量なこと。
外見には軽量ザックの趣は感じられないものの、
自重2190gと平均重量からすると500〜1000gほど軽い。

それでいて背面構造などもしっかりとした作りになっています。
ステー付きシートフレームを内蔵し、荷物の容量にかかわらず背中へのフィット感を維持。
程よい弾力と通気性を兼ね備えたエアスケープバックパネルは、蒸れ感を軽減してくれます。

ショルダーとヒップベルトも、充分なクッション性を持つフォームを内蔵。
登山に必要な機能を一切犠牲にすることなく、軽量化が計られています。
このあたり、さすがはオスプレーといったところでしょう。

また、ストレートジャケットシステムもこのザックの特徴のひとつ。
ストレートジャケットシステムとは、内容量に応じて最適な背負い感を実現するために
ザックを効率よく収縮させるための機能で、オスプレーのオリジナルシステム。

フロントに装備されたコンプレッションベルトを締め上げることで、無駄なスペースを排除し、荷重を絶えず背中に近い部分に安定させることができます。

このコンプレッション性能を効果的に使用することで、
同重量であっても、軽く感じるほどの背負い感の向上につなげることが可能。
体力ぎりぎりの登山者にはとても頼りになるシステムです。

重量がかさむほど、違いを強く体感できるため、
このような大型ザックには、とてもありがたいシステムです。

軽量化とストレートジャケットシステム。
この2点だけでも、イーサー85を選択する理由になると思いますよ。

また、85Lでは大きすぎるという方には、
イーサー70L、60Lのラインナップも用意されています。
下記のリンク先で合わせて確認できます。

購入の際はザックの容量以外にバックレングス(背面長)の合ったサイズを選ぶようにします。
バックレングスの計り方は、首の後ろの一番とび出している骨(第7頸骨)から、腰骨上端までの長さを、背骨の曲線に沿わせるようにして計測します。
バックレングスはS,M,Lの3サイズありますので、下記を参照して選択してください。

【カラー】サンバースト(SU)
【サイズ】S/82リットル、M/85リットル、L/88リットル、外寸77.5×41.0×30.5cm(Sサイズ)
【平均重量】S/2210g、M/2190g、L/2270g
【マテリアル】210デニールダブルリップストップナイロン×420デニールナイロンパッククロス×500テ゜ニールプレーンウィーブナイロンオックスフォード
【バックレングス】S・47.0cm以下、M・46-52cm、L・51cm以上
背面調節機能
正面と両サイドにストレッチポケット
スキーループ&ホルダ
アイスツールループ
ハイドレーションに対応

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事