Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スカルパ セロトーレ

厳冬期のハードな登山に対応する登山靴をピックアップしてみました。
スカルパのセロトーレはそんなシビアな環境でも、
高いパフォーマンスを発揮してくれる登山靴です。

アッパーには「HS12リバースドアンフィビオレザー」と呼ばれる、シリコン処理を施した裏出しレザーを採用。

裏出しレザーは銀面(皮の表側)を内側にするため、
外部からの傷や磨耗を受けにくく、高い耐久性と防水性が特徴です。

また、表出しレザーに比べ、見た目にも傷が目立ちにくいというメリットもあります。
セロトーレのような、美しいデザインの登山靴は、見た目だってこだわりたいですからね。

歩行時の磨耗で最も損傷しやすい履き口と足首の屈曲部分には
耐磨耗性に優れるケプラー繊維が採用されています。
このケプラー繊維は防弾チョッキにも使用されている大変強度の高い繊維で、
長年のハードな使用にも耐えうる最高の素材です。

ソールは固めで、前後にコバを備え、ワンタッチアイゼンも問題なく使用できるモデルです。

気に入った登山靴を一生履き続けるつもりだという方に、このスカルパセロトーレはお勧め。
機能性とともに、10年20年と長く履き続けるための素材を厳選した登山靴といえるでしょう。

厳冬期用にプラブーツを選択する方も少なくありませんが、私はレザーブーツ派。
理由を書くと長くなるのでここでは省きます。
興味のある方は当ブログの過去記事スカルパ サミットGTXを読んでみてください。

レザーとプラはどちらも一長一短。
ような好みで選べばいいのではないでしょうか?



●アッパー:HS12リバースド・アンフォビオ
●ライニング:レザー ●ソール:ビブラムM4テック
●重量:1,050g(サイズ42/片側)
●サイズ:37=23.7cm、38=24.3cm、39=24.9cm、40=25.5cm、41=26.1cm、42=26.7cm、43=27.3cm、44=27.9cm 
※サイズは靴の実寸です。実際には0.5〜1.0cm程の余裕が必要ですが、個人の足形やソックスの厚さによってことなります。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事