Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ブラックダイヤモンド メガワット テレマークスキー

私Gekkoはバックカントリーテレマーカーです。
ツアー指向のため、あまりワイドな板は持っていません。
最も幅広の板でTUA社のビッグイージーで、トップ幅は98mm。
購入時はこれでも幅広板の部類だったのですが、今ではすっかり細板ですね。

私のスタイルは歩きと滑りが半々くらいなので、
歩行時の快適性が損なわれない程度の幅のものを愛用しています。
また、サイドカットが深すぎものは、堅雪でのトラバースがし辛かったりもします。
プラブーツに関しても、同様の理由から、ある程度フレックスのあるものを使用しています。

このようにツアー指向の私ですが、ゲレンデでテレマークスキーを楽しむことももちろんあります。
ガンガン流れる音楽や、DJには閉口しますが、腕を磨くためには辛抱することも必要。
テレマークスキーはツアーに向いているだけでなく、滑りそのものもとても楽しいスキーなんです。
実際、ゲレンデオンリーのテレマーカーも多くいます。

ヒールフリーの状態で足を前後にずらして行なうテレマーク独特のターンには、アルペンにはない楽しさがあります。
もちろん、ウェーデルンだってできます。
腕さえあれば、コブ斜面だってこなせちゃいます。

滑りを思いっきり楽しむために、ツアーテレマーカーの中にも、ワイドなカービングタイプを使用する方も珍しくありません。歩行時の快適性を犠牲にして滑降を重視するという考え方も全然ありでしょう。

「犠牲にする」といいましたが、もともとテレマークスキーはアルペンスキーに比べれば、ずっと歩き安くできています。足指の付け根が曲がり、母子球に重心をおいてスキー歩行できることは、テレマークならではの利点なんです。

それぞれのスタイルによって、道具をそろえればいいと思います。

「滑りと歩きを半々に」というスタンスの私ですが、
昨今の大雪を見ていると、思いっきりパウダーを滑りたい…。
そんな欲求が沸いてくることも当然あります。
ましてや、ゲレンデ主体のテレマーカーなら、ワイドな板がほしくなるのは当然でしょう。

というわけで、歩行の快適性はとりあえず置いといて、
お腹いっぱいパウダーを喰らいたい!
そんなアグレッシブなテレマーカーにお勧めのテレマーク板を取り上げてみます。

ブラックダイヤモンドのメガワット。
とことんパウダーを楽しむために設計されたテレマーク板です。
2010年モデルは板の芯材がポプラとバーチの組み合に変更され、
よりハードな滑りに対応できるようマイナーチェンジしています。

トップの幅はなんと153mm!
これはブラックダイヤモンドのラインナップ中最大値。

パウダーでは、相当に高い浮力が期待できそうですね。
一度体験すると忘れられない、あのふわ〜っと浮き上がる快感を思う存分満喫できるでしょう。
すでにテレマークスキーを持っている方も、パウダー用に追加買いしたくなる板なんです。

ビンディングとブーツももちろんハードなものを求められます。
バランスよく選ばないと、宝の持ち腐れになりますから注意してくださいね。

  ラディウス:42.0  サイドカット:153/125/130  (188cm)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事